日本で一番人気のサッカースタジアムとは?

日本には数多くのサッカースタジアムが存在しますが、その中でもサッカーファンから称賛されているのが、パナソニックスタジアム吹田(旧:市立吹田サッカースタジアム)。

大阪モノレールの万博記念公園駅から徒歩約20分のところにあるこのスタジアムは、ガンバ大阪のホームグラウンドで、39,694人を収容します。サッカーファンから”圧倒的に素晴らしい”とも表現されるこのスタジアムは今日本で一番熱いサッカースタジアムといっても過言ではないでしょう。

迫力と見やすさが桁違い

パナソニックスタジアム吹田の一番の人気の理由は何と言っても客席がピッチに近いということ!一番の前の客席からタッチラインまではわずか7メートルとなっており、試合の躍動感を間近に感じることができます。他の有名サッカースタジアムのタッチラインまでの距離は、埼玉スタジアムが約14メートル、カシマスタジアムが約15メートルであり、そのわずか半分の距離であることからもいかに試合に熱を間近に感じられるかがわかるはずです。

また、一番離れた席からの眺めも抜群で、ピッチ全体を真上から覗き込んでいるような感覚を味わうことができます。

考え抜かれた緻密な設計

すべてのスタンドに屋根がある、など観客に配慮された設計も人気の理由です。そして、大きな屋根は雨や強い日差しから観客を守ってくれるだけではなく、観客の声をより一段と響かせます。そのため、スタジアムの中がまるで別空間のような環境となり、より試合にのめりこめさせてくれるのです。

声援がスタジアムの中にこもるため、選手も観客の声援を浴びるように感じることができます。

寄付金によって建てられたスタジアム

は建設の際に一切税金は投入されておらず、すべて企業や個人からの寄付金によって建設されました。

建設の際の合言葉は「みんなの寄付金でつくる日本初のスタジアム」。当時集まった金額は目標を大きく上回り、寄付をした人の中にはガンバ大阪に所属する選手も含まれています。

このようにみんなの力で実現されたスタジアムだからこそ、愛着を抱くサッカーファンも多くいます。

フードコートが充実

サッカー観戦とは直接的には関係ないですが、おいしい食べ物は選手への力強い声援には必須です。スタジアム内には多くの飲食店が併設されており、大阪の定番のたこ焼きから関西で一番おいしいといわれているハンバーガーまで、グルメを心行くまで満喫できるラインナップが揃っています。

サッカーだけではなくグルメを同時に楽しめるのも、パナソニックスタジアム吹田の大きなボーナスポイントです。

サッカーファンから絶大な支持を得ているパナソニックスタジアム吹田。実は観客だけではなく選手からの評価も高く、ガンバの大阪の選手のみならず、対戦相手もこのスタジアムで試合をできることに喜びを感じるとのこと。

パナソニックスタジアム吹田で試合を観戦すると、他のスタジアムにはないその迫力と躍動感にサッカーファンでなくてもリピーターになってしまうことでしょう。