J1リーグとは?

J1リーグとは日本プロサッカーリーグの1部リーグのこと。

1993年から1998年は1リーグのみでしたが、クラブの増加により2014年にJ1リーグ、J2リーグ、J3リーグの3つに分けられました。すでにおわかりの通り、Jリーグの中で最も上位に位置するのがJ1リーグであり、この中には多数の強豪クラブが集まっています。

2018年のJ1リーグ所属クラブ

2018年現在では18クラブが参加をしており、一覧は以下の通り。

サンフレッチェ広島、FC東京、川崎フロンターレ、セレッソ大阪、北海道コンサドーレ札幌、ヴィッセル神戸、ベガルタ仙台、ジュビロ磐田、柏レイソル、清水エスパルス、鹿島アントラーズ、、湘南ベルマーレ、横浜F・マリノス、浦和レッズ、V・ファーレン長崎、ガンバ大阪、サガン鳥栖、名古屋グランパス

この中でも鹿島アントラーズ、浦和レッドダイヤモンズ、川崎フロンターレ、ガンバ大阪などはメディアで見かけることも多く、サッカー初心者さんでもすでにご存知ではないでしょうか?

特に鹿島アントラーズは名門として知られており、Jリーグ最多タイトルを所持しています。また、横浜F・マリノスも歴史ある古豪で、ファンからの厚い信頼を得ています。

いずれも一度もJ2リーグに降格したことがなく、知名度、実力ともに多数のサッカーファンに認められた名門クラブです。

2018年のシーズンは?

26年目のシーズンとなる2018年は「2018明治安田生命J1リーグ」の名でリーグ戦が行われており、5月20日までの試合結果では、サンフレッチェ広島が首位、追ってFC東京、川崎フロンターレという順位になっています。

シーズンで下位2位の2チームは翌年はJ2リーグに降格となります。そして、今年のJ2リーグの上位2クラブが翌年J1リーグへ昇格となります。

現在降格の危機にあるのがサガン鳥栖と名古屋グランパス。これからどう巻き替えしていくかが気になるところです。

今年の注目選手は?

1.川崎フロンターレ 齋藤 学(ポジション:MF)

2018年よりキャプテンであり10番を背負っていた横浜F・マリノスから川崎フロンターレへ一切の移籍金なしという「0円移籍」をしたことで波紋を呼んでいた斉藤選手。けがの影響もありしばらくは不調でしたが、日本代表メンバーに召集されたこともある実力の持ち主で、新しいクラブでどのような活躍を見せるのか注目です。

2.横浜F・マリノス 中澤佑二(ポジション:DF)

J1リーグの中でもベテランの選手で通算出場試合数は571。累積警告による出場停止や退場などが一切なく、チームに安定感をもたらしてくれる重要な存在です。

名門クラブである横浜F・マリノスをタイトルに導くベテランとしての中澤選手の活躍に期待です。

3.FC東京 久保建英(ポジション:MF)

最も有名な若手プレーヤーとして注目されている久保選手。16歳でプロ契約をしている実力者で今後のサッカー界を引っ張っていくであろう期待の星として多くのサッカーファンの注目を集めています。

ワールドカップが終わり、サッカーブームが巻き起こっている今、J1リーグからも目が離せません。昔からのサッカーファンの方も、ワールドカップでサッカーに目覚めた方も、次は世界ではなく日本のサッカー界に注目です。