歴代の偉大なサッカー選手たち

どの時代においてもサッカー界にその名後残す偉大な選手が存在します。その巧みなプレーから自国のみなならず海外からも多くのファンを集め、サッカーファンでなくてもその名は一度は聞いたことがある、という選手はこれまで多数存在してきました。 今回はそんな数多く存在する偉大な選手の中から、この人の人はやっぱりすごかった、という選手を厳選して紹介していきます。 1.ジネディーヌ・ジダン まず紹介したいのはフランス人サッカー選手のジネディーヌ・ジダン。 1990年代後半から約10年プレーしていた選手で、当時の「世界最高のサッカー選手」とし称されていました。 ポジションはミッドフィールダーを担っており、守備を中心としたポジションであるものの攻撃的な要素を持ち合わせた選手とし、その高いコントロール力で司令塔としてチームを多くの勝利へ導いてきました。 引退後はレアル・マドリードの助監督を務め、1年目でチャンピオンズリーグを制覇するなど指導者としての有能さも高く評価されています。 2.ロナウジーニョ 次に紹介するのが、誰もが知っているであろうブラジル人サッカー選手、ロナウジーニョ。2002 FIFAワールドカップでブラジルを優勝に導いた選手の1人。 身体を使ってボールの動きをピタッと止めたり、独特なリズムなドリブルで敵陣を混乱させたりなど、誰にもまねできない天才的なプレーで観客を楽しませました。現在のサッカー界で活躍しているブラジル代表のネイマールもロナウジーニョのプレーを称賛しており、サッカー選手の憧れの的として名をあげられることもしばしば。 実力だけでなく人柄にも定評があり、試合中に見せるあどけない笑顔やプレーを楽しむ様子からファンタジスタという通称もあります。 3.クリスティアーノ・ロナウド ポルトガル出身のサッカー選手。これまで所属したチームをすべてをリーグ戦とカップ戦での優勝に導いています。また、サッカーポルトガル代表の主将を務めるなどリーダーシップも備えており、ポルトガル代表の最多出場記録を更新しています。 その得点力や努力家である一面も備えていることから、先に紹介したジダンには自分の現役時代よりも優れている、と称賛されています。 先日のワールドカップ終了後にはユベントスへの移籍が決定し、これからの期待がますます期待される現在のサッカー界のトップ選手の1人です。 4.リオネル・メッシ アルゼンチン代表選手で日本のメディアにもよく登場することから、知名度の高さは言うまでもありません。 現在のサッカーの天才といわれており、その巧みなドリブルで敵陣を崩すのを得意としています。170cmという小柄な体型でありながら自分よりも大きな身体の選手にも引けを取らず、テクニックとスピードで試合を優位に運びます。 そして何よりゴールの正確さが随一であり、完璧にタイミングをとらえて相手のゴールネットを揺らします。これからの活躍から目が離せない誰もが認める偉大なサッカー選手といえるでしょう。 4人の偉大なサッカー選手を選手を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか? 引退した選手、現役選手問わず彼らの知名度は非常に高く、今も昔もサッカー界を盛り上げてくれる欠かせない存在です。彼らのすごさを理解したうえで改めで過去の試合を見てみると、その天才的なプレーに目が離せなくなるはずです。

Read More

オリンピックの正式種目としてのサッカー「フットボール」

サッカーは他の競技と同様に、世界中で様々な大会・リーグが開催されています。有名な大会に、近年日本も連続出場している4年に一度開催される国際試合FIFAワールドカップ、毎年大陸ヨーロッパ各国のクラブチームが参加するUEFAチャンピオンズリーグ、アジア各地域で行われるアジアカップに、コパ・アメリカを始めとする南米大会、そしてアフリカでもネイションズカップ・チャンピオンシップなどの大規模な大会が実施されています。 歴史あるオリンピックでのサッカー 忘れてならないのが、夏季オリンピックで行われるサッカーです。サッカーは英語名の「フットボール」としてオリンピックの種目に登録されており、1900年のパリ・オリンピックから非公式で試合が行われ、正式種目になったのは1908年のロンドン・オリンピックからと、非常に長い歴史を持っています。しかし、女子サッカーが正式に採用されたのは、比較的最近の1996年のアトランタ・オリンピックからとなっています。 さて、オリンピック種目であるサッカーですが、多くの人が疑問に思うのではないでしょうか?「なんで五輪サッカーって盛り上がらないんだろう・・・そこにはいくつかの理由と歴史が潜んでいます。 U-23 ≠ オリンピック代表選手? オリンピックの出場サッカー選手には、年齢制限があります。大会が実施される前年の12月31日時点で、23歳以下の選手に限ります。そのため、オリンピック開催時に年齢オーバーしてしまう選手は、オーバーエイジ選手の枠に納めるか、他の選手と取り替える必要があります。オリンピック代表選手がU-23と呼ばれる所以は、ここにあります。 アマチュア主義 vs プロフェッショナル主義 オリンピックがアマチュア主義であるのに対して、プロ選手による国際大会を推進して誕生したのがFIFAワールドカップです。1930年の設立より、ワールドカップの人気は衰えるどことか、勢いを増しています。その影響によるオリンピック離れが、その他のチャンピオンシップにも及んでいます。オリンピック選手として招集されたU-23に該当するクラブ選手が、所属クラブと相談してクラブに残りチャンピオンシップを戦うなど、例外も発生しています。 女子サッカーの快進撃 驚くべきことに、女子には年齢制限がありません。女子の参加国はFIFA女子ワールドカップよりも少ないこともあり、次回2020年東京オリンピックでは開催国も含めたヨーロッパ 3か国、アフリカ2か国、アジア2か国、北中米カリブ海2か国、南米2か国、そしてオセアニア1か国の合計12か国となっています。 規則正しく、「オリンピック」らしく IOCによって、オリンピック本選で行われる試合ではユニフォームは他の大会と同じものを使用しないこと、各国サッカー協会や連盟のロゴおよびスポンサーマークを身に着けないことなど、ユニフォームにも厳しい規定があります。このような決まりの多さが、オリンピックサッカーがイマイチ盛り上がりに欠ける原因の一つかもしれません。 それでは、次回の優勝国は・・・ 前回の2016年リオデジャネイロ・オリンピックではブラジルが優勝しました。様々な懸念や条件があるものの、次回の2020年東京オリンピックでは、開催国である日本が優勝する可能性も無きにしも非ず!


定番のサッカーのフォーメーション

サッカーにポジションがあるのは知っているけど、フォーメーションについてはよくわからない、という人は多いのではないでしょうか?サッカーで試合を制すにはこのフォーメーションが非常に大事で、うまく戦略を立てておくと実力が格上の相手でも勝利をつかむことができます。 そこでここでは現在よく使用されている基本的なフォーメーションを紹介していきます。 4-4-2 フラット型 4-4-2の中盤の選手を横一並びにするシンプルなフォーメーションです。攻めと守りは5:5であり、万能型のフォーメーションと言われています。 主に両サイドに置かれた選手が攻撃の要となります。一方でセンターに置かれた選手は攻めと守りの両方に対応しなければいけないため、スタミナが求められます。 4-4-2 ダイヤモンド型 中盤に置かれた4選手をダイヤモンド型に配置することからこの名称で呼ばれています。フラットタイプトは異なりピッチの中央に選手が集まるため、中盤からの攻撃を中心とします。 どちらかというと攻撃型のフォーメーションであるため、相手のセンターアタックに対しての脆弱さがデメリットとしてあげられます。 4-5-1 ダブルボランチ型 世界的に採用しているチームが多い人気のフォーメーションです。中央に選手が集められていることから、サイド、中央問わずどこからでも攻撃を仕掛けやすいのが特徴です。 しかし、4-5-1のフォーメーションはフォワードが1人しかいないため、中盤選手が積極的にゴールにアプローチする必要があります。 3-4-3 ダイヤモンド型 サッカーのフォーメーションの中でも最も基本的なものの1つ。ピッチ全体に均等に選手が置かれ、サイド、センターの両方から攻撃ができるためバランスの良さが特徴です。 しかし、相手選手をマークしにくくディフェンスが弱いというデメリットがあるため、最近では使用するチームが減少傾向にあります。 4-3-3 フラット型 4-3-3の基本フォーメーションで、センターの選手が攻めと守りの両方を担います。そのため、攻撃の中心はサイドからとなり、そこがどれだけ攻められるかが得点にかかっています。 全体的に攻めを中心としたフォーメーションであるため、フォワード3人の攻防のスイッチの切り替えが非常に重要です。 以上が数あるフォーメーションの中でも基本的なものです。フォーメーション1つで攻めと守りの割合が決定し、試合の流れが大きく異なります。 試合を見る時にフォーメーションを意識してみると、選手の動き方などがより理解できるようになるでしょう。  


世界中で大人気のオンラインサッカーベッティングサイト

オンラインベッティング(賭博)をご存知ですか?およびWilliam Hill 2019プロモーションコードを持つオンラインサイトブックメーカーと呼ばれるベッティング会社が提供するオンラインプラットフォームにて、たくさんの業界・競技でベッティングを楽しむことができます。なかでも、スポーツベッティングは昔から人気があり、特にサッカーベッティングは莫大な利益をもたらし巨大ビジネスになるまで成長しています。 時代はアナログからデジタルへ 日本で賭博と言えば「競馬」を思い浮かべる方が多いと思います。日曜日の朝から競馬新聞を片手にラジオ中継に耳を傾ける大人たち・・・。当時は賭博情報と言えば新聞やラジオ、競馬テレビが主流でした。しかしインターネットが普及し、情報はほとんどオンラインで瞬時に手に入り、支払いもネット経由で決算可能な現在、インターネットを使えば他の国で実施されている競技にライブで賭けを行い、すぐに勝ち分を受け取ることができるのです。 一年中好きな時に好きなスポーツでグローバルにベッティング オンラインスポーツベッティングは、サッカー、野球、テニスなど様々なスポーツで実施されているため、ブックメーカーに登録して課金をすれば、24時間365日いつでもお好みのスポーツで賭けをすることができます。パソコン、携帯、タブレットなど、端末も自由に選択可能です。各国リーグ戦のみでなく、ワールドカップやオリンピックなどの国際試合でも賭けを行うことができます。まさにベッティングのボーダレス化ですね。 お勧めのサッカーオンラインベッティングブックメーカー サッカーベッティングで世界的に有名なブックメーカーであるWilliam Hill(ウィリアムヒル)は、日本語でのウェブサイト対応もあるので、初心者の方には特にお勧めです。1934年に設立されたイギリス最大のブックメーカーであり、ロンドン証券会社に上場している信頼性の高い会社です。世界業界No.1のプレイテック社のソフトウェアを使用しているため、プレイもスムーズにお楽しみいただけます。 初回プロモーションを使って気軽にチャレンジ! 登録方法は極めて簡単です。ウィリアムヒルのウェブサイトの「今すぐ登録」を選択し、氏名や生年月日、支払い方法などの詳細情報を入力するだけです。すぐに使えるボーナスやプロモーションがあるのも、ウィリアムヒルの魅力です。登録時に「JP100」のプロモーションコードを入力して初回限定100%マッチボーナスをゲットします。すると初回ベット額に対する100%が、4度に分かれてフリーベットとして贈呈されます。 使い方もスマート&自由にアレンジ可能 また、iOSとAndroid対応の専用アプリをダウンロードすればどこにいても手軽にベット&結果を確認できます。プレミアリーグからJリーグまで、実施されているほとんどの試合結果を一目で確認できるので、ベットをしないサッカー通の方にも情報源として登録&ダウンロードすることをお勧めします(登録無料)。お問い合わせは日本語対応可能のチャットかメールが便利です。通常1日以内で返信があります。ウェブサイトの「ヘルプ」をご参照ください。 優良ブックメーカーはまだまだあります! プレミアリーグのストークシティのユニフォームスポンサーを務めるbet365 (ベット365)や、米ワシントンポスト紙で「歴史上、最大・最高のブックメーカー」と称されたPinnacle Sports (ピナクルスポーツ)、ヨーロッパで大人気の Net Bet(ネットベット)などがあります。ほとんどのブックメーカーが日本円、米ドル、ユーロを通貨として使用しており、日本語対応サービスを提供しています。  


日本で一番人気のサッカースタジアムとは?

日本には数多くのサッカースタジアムが存在しますが、その中でもサッカーファンから称賛されているのが、パナソニックスタジアム吹田(旧:市立吹田サッカースタジアム)。 大阪モノレールの万博記念公園駅から徒歩約20分のところにあるこのスタジアムは、ガンバ大阪のホームグラウンドで、39,694人を収容します。サッカーファンから”圧倒的に素晴らしい”とも表現されるこのスタジアムは今日本で一番熱いサッカースタジアムといっても過言ではないでしょう。 迫力と見やすさが桁違い パナソニックスタジアム吹田の一番の人気の理由は何と言っても客席がピッチに近いということ!一番の前の客席からタッチラインまではわずか7メートルとなっており、試合の躍動感を間近に感じることができます。他の有名サッカースタジアムのタッチラインまでの距離は、埼玉スタジアムが約14メートル、カシマスタジアムが約15メートルであり、そのわずか半分の距離であることからもいかに試合に熱を間近に感じられるかがわかるはずです。 また、一番離れた席からの眺めも抜群で、ピッチ全体を真上から覗き込んでいるような感覚を味わうことができます。 考え抜かれた緻密な設計 すべてのスタンドに屋根がある、など観客に配慮された設計も人気の理由です。そして、大きな屋根は雨や強い日差しから観客を守ってくれるだけではなく、観客の声をより一段と響かせます。そのため、スタジアムの中がまるで別空間のような環境となり、より試合にのめりこめさせてくれるのです。 声援がスタジアムの中にこもるため、選手も観客の声援を浴びるように感じることができます。 寄付金によって建てられたスタジアム は建設の際に一切税金は投入されておらず、すべて企業や個人からの寄付金によって建設されました。 建設の際の合言葉は「みんなの寄付金でつくる日本初のスタジアム」。当時集まった金額は目標を大きく上回り、寄付をした人の中にはガンバ大阪に所属する選手も含まれています。 このようにみんなの力で実現されたスタジアムだからこそ、愛着を抱くサッカーファンも多くいます。 フードコートが充実 サッカー観戦とは直接的には関係ないですが、おいしい食べ物は選手への力強い声援には必須です。スタジアム内には多くの飲食店が併設されており、大阪の定番のたこ焼きから関西で一番おいしいといわれているハンバーガーまで、グルメを心行くまで満喫できるラインナップが揃っています。 サッカーだけではなくグルメを同時に楽しめるのも、パナソニックスタジアム吹田の大きなボーナスポイントです。 サッカーファンから絶大な支持を得ているパナソニックスタジアム吹田。実は観客だけではなく選手からの評価も高く、ガンバの大阪の選手のみならず、対戦相手もこのスタジアムで試合をできることに喜びを感じるとのこと。 パナソニックスタジアム吹田で試合を観戦すると、他のスタジアムにはないその迫力と躍動感にサッカーファンでなくてもリピーターになってしまうことでしょう。