無料視聴だけではないサッカーライブストリーミングの魅力と注意点

テクノロジーの飛躍的な向上によって、スポーツの観戦方法もオーソドックスな会場で観戦する方法から、ご自宅のTVやお手元の携帯電話などメディアを経由して観戦する方法へと、大きく変容してきました。現在ではインターネット上でもライブストリーミングを通して試合を観戦できるようになり、衛星TV放送局に加入することなく、お持ちのパソコンで海外の試合もお手軽に観戦できる時代になりました。 ブックメーカーによるライブストリーミングの仕組み ほとんどのライブストリーミングおよび衛星放送は「視聴」そのものがサービスとなっているため、わたしたち視聴者はその権利をお金で支払います。ではサッカーベッティングを提供しているブックメーカーはどうでしょう。ブックメーカーはベッティングをサービスとしているため、「視聴」はベッティングツールにすぎません。実は多くの人が知らないのですが、ブックメーカーが放送するライブストリーミングは、誰でも無料で利用できるのです! 全世界で繰り広げられるスポーツをベッティングなしで視聴可能! 安定したライブストリーミングに定評のあるブックメーカーとして、イギリスの Bet365が有名です。Bet365にアカウントを作成してベッティング運用資金を入金すれば、ベッティングしなくてもライブストリーミングを視聴できるのです!サッカーを始め、多くの国際的人気スポーツ(テニス、野球、バスケットボール、アイスホッケーなど)を無料で放送しています。スポーツ好きにとって、このチャンスを見逃す理由はありません。 ライブストリーミングでベッティングする利点 ではライブストリーミングを利用したベッティングはどうでしょう。サッカーの試合は前半戦と後半戦に分かれていますが、ライブベッティングではこの制度がプラスに働きます。ライブベッティングではその対象試合中いつでもベッティングができるので、観戦した前半戦の内容により後半戦のみベッティングまたは試合結果にベッティングすることが可能になります。まさにライブで結果を見ながら予測を立てていくことができるのです。 オッズと確実性と臨場感 試合が進めば、当然ながらオッズにも変化が出てきます。オッズの上がり下がりに注目して、大金を狙うか安全に勝つかはあなた次第です。ライブストリーミングでは大穴が出にくいのが弱点ですが、初心者など安定して勝ちたい・損したくないベッターには恰好のベッティングターゲットです。試合の流れを読みながら予測するライブストリーミングは、冷静と情熱の間を行ったり来たりするハラハラ・ドキドキ感を十分に味わえます。 ライブストリーミングを使ったベッティングは自由裁量 試合の途中にキャッシュアウトできるのも、ライブベッティングの魅力です。ベッティングの途中で終了することができるので、自分で管理できる容量が大きいとも言えます。スピードが命のライブベッティングですが、「勝ちどきが止めどき」と昔から言われているように、自分の引き際を自分で決められる点は安心ですね。ギャンブルには依存性がつきものということを忘れないように、楽しくライブストリーミングでのベッティングをお楽しみください。

Read More

サッカーベッティングで勝つために知っておきたい戦略

ベッティングにはベットする分野の専門知識が必要だと思いますか?サッカーベッティングで成功するには、実はサッカーの専門知識はそれほど重要ではありません。もちろん、サッカーの基本ルールや強豪チーム、活躍プレイヤーの情報は知っておいて損はありませんが、注目すべきポイントは過去データとベッティング知識です。   種類豊富なベッティング対象 その他のスポーツと同じように、サッカーベッティングでは様々な要素でベッティングすることができます。その種類は多岐に渡り、勝敗以外にもゴール数やコーナーキック数、ペナルティ数、そして特定プレイヤーのゴール数やフリーキック数など、細部までベッティング可能です。なかでも、ドロー(引き分け)にもベッティングできることがサッカーベッティングの最大の魅力です。 ブックメーカーが提供するオッズとベッターの勝ち率 オッズとはベッティング倍率を意味しますが、このオッズが高ければ高いほど競争率が上がり、賞金額も上がります。しかし高倍率のオッズではブックメーカーが提供するデータも多くなり、一般的には当てるのが難しくなると言われています。   まずはデータ分析をしっかり行いましょう! また、ブックメーカーが意図的にオッズを上げるために特定のキャンペーンやクーポン、選定ベッティングを実施する場合がありますが、自身で分析した勝敗データに基づいてベッティングする価値があるかどうか判断してから参加しましょう。分析なしのベッティング参加は、不意にオッズを上げて負け倍率に貢献するだけになります。   運気もスキルのうち?! ブックメーカーが割り出したオッズと、自分のデータリサーチから計算した確率との間に生じる差をエッジと呼びます。このエッジにベッティングすることで、ブックメーカーに勝つことができます。忘れてはならないのは、サッカーはランダム性に影響されるスポーツであることです。データ分析と運に左右されることを肝に銘じましょう。 「あなた」というベッターチームの司令塔となるために どんなに腕のあるベッターでも、勝ち続けることは非常に困難です。負けることもベッティングの一部なので、長くベッターとして活躍したいと思ったら、強い忍耐力と向上心、洞察力と冷静に瞬時に判断できる安定したマインドが必要不可欠です。経験を積むことも大事ですが、多角的に自分のスキルを磨いていく自己プロディース力が求められます。まさにフィールドでプレーする選手たちと同じですね。   自分のベッティングに責任を持とう サッカーベッティングはあくまで娯楽の一つですが、オンラインでだれでも簡単に株市場や仮想通貨に参入できるようになった現在、「投資」感覚でベッティングを始める方も多いと思います。巷では「ブックメーカー投資」や「カリスマベッター」という概念も登場していますが、ベッティングでブックメーカーや特定人物の予想に「投資」する行為は、ベッターとして自分の立場を放棄しているのと同様です。ブックメーカーはベッティングを提供するプラットフォームであり、カリスマベッターも一人の人間に過ぎません。あなたのベッティングマネーはあなたが責任を持って管理・運営することで、ベッティングの経験値が上がり、スキルや着目点・予想する能力も飛躍します。ベッティングのコントローラーとなるかターゲットとなるかは、あなた次第です!  


歴代の偉大なサッカー選手たち

どの時代においてもサッカー界にその名後残す偉大な選手が存在します。その巧みなプレーから自国のみなならず海外からも多くのファンを集め、サッカーファンでなくてもその名は一度は聞いたことがある、という選手はこれまで多数存在してきました。 今回はそんな数多く存在する偉大な選手の中から、この人の人はやっぱりすごかった、という選手を厳選して紹介していきます。 1.ジネディーヌ・ジダン まず紹介したいのはフランス人サッカー選手のジネディーヌ・ジダン。 1990年代後半から約10年プレーしていた選手で、当時の「世界最高のサッカー選手」とし称されていました。 ポジションはミッドフィールダーを担っており、守備を中心としたポジションであるものの攻撃的な要素を持ち合わせた選手とし、その高いコントロール力で司令塔としてチームを多くの勝利へ導いてきました。 引退後はレアル・マドリードの助監督を務め、1年目でチャンピオンズリーグを制覇するなど指導者としての有能さも高く評価されています。 2.ロナウジーニョ 次に紹介するのが、誰もが知っているであろうブラジル人サッカー選手、ロナウジーニョ。2002 FIFAワールドカップでブラジルを優勝に導いた選手の1人。 身体を使ってボールの動きをピタッと止めたり、独特なリズムなドリブルで敵陣を混乱させたりなど、誰にもまねできない天才的なプレーで観客を楽しませました。現在のサッカー界で活躍しているブラジル代表のネイマールもロナウジーニョのプレーを称賛しており、サッカー選手の憧れの的として名をあげられることもしばしば。 実力だけでなく人柄にも定評があり、試合中に見せるあどけない笑顔やプレーを楽しむ様子からファンタジスタという通称もあります。 3.クリスティアーノ・ロナウド ポルトガル出身のサッカー選手。これまで所属したチームをすべてをリーグ戦とカップ戦での優勝に導いています。また、サッカーポルトガル代表の主将を務めるなどリーダーシップも備えており、ポルトガル代表の最多出場記録を更新しています。 その得点力や努力家である一面も備えていることから、先に紹介したジダンには自分の現役時代よりも優れている、と称賛されています。 先日のワールドカップ終了後にはユベントスへの移籍が決定し、これからの期待がますます期待される現在のサッカー界のトップ選手の1人です。 4.リオネル・メッシ アルゼンチン代表選手で日本のメディアにもよく登場することから、知名度の高さは言うまでもありません。 現在のサッカーの天才といわれており、その巧みなドリブルで敵陣を崩すのを得意としています。170cmという小柄な体型でありながら自分よりも大きな身体の選手にも引けを取らず、テクニックとスピードで試合を優位に運びます。 そして何よりゴールの正確さが随一であり、完璧にタイミングをとらえて相手のゴールネットを揺らします。これからの活躍から目が離せない誰もが認める偉大なサッカー選手といえるでしょう。 4人の偉大なサッカー選手を選手を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか? 引退した選手、現役選手問わず彼らの知名度は非常に高く、今も昔もサッカー界を盛り上げてくれる欠かせない存在です。彼らのすごさを理解したうえで改めで過去の試合を見てみると、その天才的なプレーに目が離せなくなるはずです。


オリンピックの正式種目としてのサッカー「フットボール」

サッカーは他の競技と同様に、世界中で様々な大会・リーグが開催されています。有名な大会に、近年日本も連続出場している4年に一度開催される国際試合FIFAワールドカップ、毎年大陸ヨーロッパ各国のクラブチームが参加するUEFAチャンピオンズリーグ、アジア各地域で行われるアジアカップに、コパ・アメリカを始めとする南米大会、そしてアフリカでもネイションズカップ・チャンピオンシップなどの大規模な大会が実施されています。 歴史あるオリンピックでのサッカー 忘れてならないのが、夏季オリンピックで行われるサッカーです。サッカーは英語名の「フットボール」としてオリンピックの種目に登録されており、1900年のパリ・オリンピックから非公式で試合が行われ、正式種目になったのは1908年のロンドン・オリンピックからと、非常に長い歴史を持っています。しかし、女子サッカーが正式に採用されたのは、比較的最近の1996年のアトランタ・オリンピックからとなっています。 さて、オリンピック種目であるサッカーですが、多くの人が疑問に思うのではないでしょうか?「なんで五輪サッカーって盛り上がらないんだろう・・・そこにはいくつかの理由と歴史が潜んでいます。 U-23 ≠ オリンピック代表選手? オリンピックの出場サッカー選手には、年齢制限があります。大会が実施される前年の12月31日時点で、23歳以下の選手に限ります。そのため、オリンピック開催時に年齢オーバーしてしまう選手は、オーバーエイジ選手の枠に納めるか、他の選手と取り替える必要があります。オリンピック代表選手がU-23と呼ばれる所以は、ここにあります。 アマチュア主義 vs プロフェッショナル主義 オリンピックがアマチュア主義であるのに対して、プロ選手による国際大会を推進して誕生したのがFIFAワールドカップです。1930年の設立より、ワールドカップの人気は衰えるどことか、勢いを増しています。その影響によるオリンピック離れが、その他のチャンピオンシップにも及んでいます。オリンピック選手として招集されたU-23に該当するクラブ選手が、所属クラブと相談してクラブに残りチャンピオンシップを戦うなど、例外も発生しています。 女子サッカーの快進撃 驚くべきことに、女子には年齢制限がありません。女子の参加国はFIFA女子ワールドカップよりも少ないこともあり、次回2020年東京オリンピックでは開催国も含めたヨーロッパ 3か国、アフリカ2か国、アジア2か国、北中米カリブ海2か国、南米2か国、そしてオセアニア1か国の合計12か国となっています。 規則正しく、「オリンピック」らしく IOCによって、オリンピック本選で行われる試合ではユニフォームは他の大会と同じものを使用しないこと、各国サッカー協会や連盟のロゴおよびスポンサーマークを身に着けないことなど、ユニフォームにも厳しい規定があります。このような決まりの多さが、オリンピックサッカーがイマイチ盛り上がりに欠ける原因の一つかもしれません。 それでは、次回の優勝国は・・・ 前回の2016年リオデジャネイロ・オリンピックではブラジルが優勝しました。様々な懸念や条件があるものの、次回の2020年東京オリンピックでは、開催国である日本が優勝する可能性も無きにしも非ず!


定番のサッカーのフォーメーション

サッカーにポジションがあるのは知っているけど、フォーメーションについてはよくわからない、という人は多いのではないでしょうか?サッカーで試合を制すにはこのフォーメーションが非常に大事で、うまく戦略を立てておくと実力が格上の相手でも勝利をつかむことができます。 そこでここでは現在よく使用されている基本的なフォーメーションを紹介していきます。 4-4-2 フラット型 4-4-2の中盤の選手を横一並びにするシンプルなフォーメーションです。攻めと守りは5:5であり、万能型のフォーメーションと言われています。 主に両サイドに置かれた選手が攻撃の要となります。一方でセンターに置かれた選手は攻めと守りの両方に対応しなければいけないため、スタミナが求められます。 4-4-2 ダイヤモンド型 中盤に置かれた4選手をダイヤモンド型に配置することからこの名称で呼ばれています。フラットタイプトは異なりピッチの中央に選手が集まるため、中盤からの攻撃を中心とします。 どちらかというと攻撃型のフォーメーションであるため、相手のセンターアタックに対しての脆弱さがデメリットとしてあげられます。 4-5-1 ダブルボランチ型 世界的に採用しているチームが多い人気のフォーメーションです。中央に選手が集められていることから、サイド、中央問わずどこからでも攻撃を仕掛けやすいのが特徴です。 しかし、4-5-1のフォーメーションはフォワードが1人しかいないため、中盤選手が積極的にゴールにアプローチする必要があります。 3-4-3 ダイヤモンド型 サッカーのフォーメーションの中でも最も基本的なものの1つ。ピッチ全体に均等に選手が置かれ、サイド、センターの両方から攻撃ができるためバランスの良さが特徴です。 しかし、相手選手をマークしにくくディフェンスが弱いというデメリットがあるため、最近では使用するチームが減少傾向にあります。 4-3-3 フラット型 4-3-3の基本フォーメーションで、センターの選手が攻めと守りの両方を担います。そのため、攻撃の中心はサイドからとなり、そこがどれだけ攻められるかが得点にかかっています。 全体的に攻めを中心としたフォーメーションであるため、フォワード3人の攻防のスイッチの切り替えが非常に重要です。 以上が数あるフォーメーションの中でも基本的なものです。フォーメーション1つで攻めと守りの割合が決定し、試合の流れが大きく異なります。 試合を見る時にフォーメーションを意識してみると、選手の動き方などがより理解できるようになるでしょう。