サッカー知識がなくてもOK! 世代を問わず愛されるサッカーくじ

賭博の歴史は世界中古くまでさかのぼり、人々の生活に活気とドラマを提供してきました。日本も例外ではなく、江戸時代は真剣にサイコロを転がす着物姿の大人たち、現代は日曜日になると新聞にかじりつく競馬ファンの姿など、賭け事は日本の様々な時代・分野に浸透しています。では、スポーツではどうでしょう?

 

日本の公営競技

賭博の対象として、日本の公の機関が開催するプロフェッショナルな競技に「競馬」「競輪」「競艇」そして「オートレース」があります。近代競馬は1860年から実施されており、第二次世界大戦に復興支援の一つとして公営ギャンブルとなりました。その後、高度経済成長期とともに他の競技も加わり活気を見せましたが、1990年代のバブル崩壊から収益は減少方向となっています。

 

初めての全国的なサッカーくじ

そんな中、欧米のスポーツくじを参考にしながら、日本で初めてのサッカーくじ「toto」が2001年より全国発売されました。1998年制定の「スポーツ振興投票の実施等に関する法律」によって、日本国内および海外で開催される指定された試合に対してのみ、公式に賭けを行うことができるようになりました。

 

豊富な種類・賭け口でお手並み拝見

発売から約20年が経過しようとする今、「toto」は種類が増えてサッカーの知識がなくても参加できる「toto BIG」や、5試合だけ予想する「toto mini」、ゴール得点を予想する「toto GOAL」など、気軽に参加・選択ができるようになりました。

 

海外有名チームの試合も!

とりわけ、ドイツ・ブンデスリーガフットボール・チャンピオンシップなど、海外有名リーグも指定に含まれている点で、日本国内にとらわれない雰囲気が多くのサッカーファンを魅了しています。

いつでもどこでも購入できる便利さ!

購入方法も、コンビニやインターネット、店舗などライフスタイルに合わせて選べるようになっています。キャリーオーバー有り無しのオプションもあり、サッカーファンならずとも金額の大きさは注目の的です。

 

日本のスポーツに貢献しながら賞金をゲット!

購入は19歳以上から、老若男女問わず親しまれているサッカーくじ「toto」。売上の一部は日本のスポーツ業界活性化および育成のために貢献されています。2020年開催の東京オリンピックも例外ではありません。また、過去のデータを見ると高額賞金の6億円が頻繁に発生しており、購入者も回数を増すにつれて高額賞金が当選しているという保証付き!

 

過去には約80億円のキャリーオーバーも!

2008年には史上初の80億円超えのキャリーオーバーが発生し、システム担当者があわてて100億円クラスの対応に追われたという裏話もあります。また、最も当選が多かった購入日は「土曜日」で、天気は「くもり」、時間帯は「午前10時台」という統計結果が出ています。

 

友達、家族、恋人と一緒に挑戦してみよう

クリーンなイメージ通り、サッカーくじは透明性が保たれた誰にでもチャンスが訪れる素晴らしいマネーメイキングです。専門知識不要、活気に満ちた日本のサッカーくじ業界に、あなたも参加してみてはいかがでしょうか?