Articles by admin

意外と知らないFIFAワールドカップの成り立ちと賞金制度

現在もっとも人気のある世界的スポーツイベントと言っても過言ではない、FIFAワールドカップ。オリンピック同様、4年に一度開催地を変えて開催されます。開催年は冬季オリンピックと同年であることも興味深いですよね。2012年には日本と韓国が共同開催したことで、日本におけるワールドカップの認知度も全国民レベルにまで高まりました。   国別対抗トーナメントでサッカー世界王者を決める FIFAワールドカップは有名スター選手が出身国ごとに分かれて、世界一のサッカー王国をトーナメント形式で決めます。本選に参加できる国は32か国。予選は開催年の1~2年前より各地域ごとに実施されます。サッカー人気が世界中で広まるにつれて、1998年に以前までの24か国から32か国へと出場国の枠が拡大されました。 90年近くの歴史があるワールドカップ ワールドカップの歴史は、開催団体であるFIFA (国際サッカー連盟)が設立された1904年まで遡ります。1930年にウルグアイで第一回FIFAワールドカップが実施され、開催国であるウルグアイが優勝しました。当時の出場国は13か国。2位はアルゼンチン、3位がアメリカ合衆国と、南米勢力の強さを感じさせます。   試行錯誤を経て公平な投票方式に 開催国の選定は、FIFA総会での投票で決まります。過去には24名程度で構成されたFIFA理事会での投票で決定していた時期もありましたが、公平性を保つために、近年FIFA総会での開催立候補国を除く全加盟協会による投票方式に変更されました。過去には買収工作や過度の誘致活動など、大きな問題もありました。   スイスフランで支払われていたワールドカップの賞金 ワールドカップに賞金があることをご存知でしたか?賞金は優勝国、準優勝国、そして3位国のみならず、4位国、ベスト8およびベスト16にも贈呈されます。賞金額はFIFA本部がスイスのチューリッヒにある関係上スイスフランで支払われていましたが、2010年南アフリカ大会よりドル建てに変更されました。 あまり知られていない賞金内訳と種類 2018年ロシア大会での優勝賞金は3800万ドル、準優勝のチームには2800万ドル、3位国には2400万ドル、17~32位のグループリーグ敗退国にも出場給として800万ドルが贈呈されています。そして大会出場全32か国に、大会準備金として150万ドルが渡されています。


現役を貫く日本サッカー界のレジェンド・三浦知良選手

レジェンドという言葉が日本で使われるようになったのは、この選手が登場してからではないでしょうか?1993年のJリーグ開幕以来、サッカーファンを魅了し続ける我らのキング・カズこと三浦知良選手です。 行き先はブラジル! カズ選手は1967年に静岡県静岡市葵区で誕生しました。静岡県と言えば、高校サッカー激戦区でもありますが、カズ選手が進学希望先を「ブラジル」と書いて先生に怒られた経験からも分かるように、常に意識は世界レベル、最高峰を目指しています。 現在ではFIFAワールドカップにも常連参加している日本代表チームですが、日本でサッカーがメジャーになったのはJリーグの影響が強く、特にカズ選手をはじめラモス瑠偉選手、中山雅史選手、ビスマルク選手など、当時のスター選手たちの活躍なしでは日本サッカー界の成長はなかったでしょう。 カズ選手がレジェンドと呼ばれるのは、15歳にして単身ブラジルへサッカー留学に行ったことや、50歳になった現在でもプロサッカー選手として試合に出場し続けているなど、前例のないそのユニークな経歴によります。 レジェンド・カズの名言の一つに、「全盛期?これからだよ」があります。海外メディアに「全盛期のように活躍できるのか?」と質問された時のこの返答は、カズの終わりなき挑戦と不屈の精神を感じさせます。 純粋さと成熟さを兼ね合わせた大人の男性に 一世を風靡させたカズ・ダンスも、時に人々から「まだやっているの?」と白い目で見られることもありますが、批判中傷にもウィットに対応するキング・カズ。「貴重なご指南を重く受け止めつつも、次もやりたいと思っています」と、自信の著書『やめないよ』で爽やかに返答。 なかでも、1998年開催のフランスW杯での代表落選は、みなさんの記憶に新しいと思います。W杯予選を共に戦い代表選考の最後まで残りながら、大会直前のキャンプ中に戦力外宣告を受け、北澤選手とともに帰国しました。手を伸ばせば届く所にあったW杯・・・。しかし、これほどまでの悔しい思いをしながらも、ひたすらにひたむきにサッカーを現役で続ける三浦選手は、子どもだけでなく大人にも希望を与えてくれます。 また、遊び心を忘れないキング・カズ。所属するチームでは常に背番号11を希望し、車を駐車する際も「11」のスペースを探すほどの徹底したこだわり。試合後もスーツに着替え、コンビニへもスーツで向かうカズ選手ですが、保健所から引き取った雑種犬を愛犬としてかわいがるなど、優しい一面も持ち合わせています。 一年を通してイベント盛りだくさんのJリーグ 現在、横浜FCに所属しているキング・カズ。日本のJリーグ開催期間は春先(2月下旬)から冬前(12月)まで。J1からJ2、J3と3リーグ制で、それぞれホームとアウェイで対戦していきます。リーグ戦以外にも、ナビスコ杯から2016年にYBCルヴァン杯へと名称が変更した20年以上の歴史がある大会が開催されています。 これからも日本のサッカー界を引っ張っていくレジェンドから目が離せません。  


J1リーグとは?

J1リーグとは日本プロサッカーリーグの1部リーグのこと。 1993年から1998年は1リーグのみでしたが、クラブの増加により2014年にJ1リーグ、J2リーグ、J3リーグの3つに分けられました。すでにおわかりの通り、Jリーグの中で最も上位に位置するのがJ1リーグであり、この中には多数の強豪クラブが集まっています。 2018年のJ1リーグ所属クラブ 2018年現在では18クラブが参加をしており、一覧は以下の通り。 サンフレッチェ広島、FC東京、川崎フロンターレ、セレッソ大阪、北海道コンサドーレ札幌、ヴィッセル神戸、ベガルタ仙台、ジュビロ磐田、柏レイソル、清水エスパルス、鹿島アントラーズ、、湘南ベルマーレ、横浜F・マリノス、浦和レッズ、V・ファーレン長崎、ガンバ大阪、サガン鳥栖、名古屋グランパス この中でも鹿島アントラーズ、浦和レッドダイヤモンズ、川崎フロンターレ、ガンバ大阪などはメディアで見かけることも多く、サッカー初心者さんでもすでにご存知ではないでしょうか? 特に鹿島アントラーズは名門として知られており、Jリーグ最多タイトルを所持しています。また、横浜F・マリノスも歴史ある古豪で、ファンからの厚い信頼を得ています。 いずれも一度もJ2リーグに降格したことがなく、知名度、実力ともに多数のサッカーファンに認められた名門クラブです。 2018年のシーズンは? 26年目のシーズンとなる2018年は「2018明治安田生命J1リーグ」の名でリーグ戦が行われており、5月20日までの試合結果では、サンフレッチェ広島が首位、追ってFC東京、川崎フロンターレという順位になっています。 シーズンで下位2位の2チームは翌年はJ2リーグに降格となります。そして、今年のJ2リーグの上位2クラブが翌年J1リーグへ昇格となります。 現在降格の危機にあるのがサガン鳥栖と名古屋グランパス。これからどう巻き替えしていくかが気になるところです。 今年の注目選手は? 1.川崎フロンターレ 齋藤 学(ポジション:MF) 2018年よりキャプテンであり10番を背負っていた横浜F・マリノスから川崎フロンターレへ一切の移籍金なしという「0円移籍」をしたことで波紋を呼んでいた斉藤選手。けがの影響もありしばらくは不調でしたが、日本代表メンバーに召集されたこともある実力の持ち主で、新しいクラブでどのような活躍を見せるのか注目です。 2.横浜F・マリノス 中澤佑二(ポジション:DF) J1リーグの中でもベテランの選手で通算出場試合数は571。累積警告による出場停止や退場などが一切なく、チームに安定感をもたらしてくれる重要な存在です。 名門クラブである横浜F・マリノスをタイトルに導くベテランとしての中澤選手の活躍に期待です。 3.FC東京 久保建英(ポジション:MF) 最も有名な若手プレーヤーとして注目されている久保選手。16歳でプロ契約をしている実力者で今後のサッカー界を引っ張っていくであろう期待の星として多くのサッカーファンの注目を集めています。 ワールドカップが終わり、サッカーブームが巻き起こっている今、J1リーグからも目が離せません。昔からのサッカーファンの方も、ワールドカップでサッカーに目覚めた方も、次は世界ではなく日本のサッカー界に注目です。


日本のサッカー界の現状

1993年にJリーグが開幕し、2018年の現在25年が経過しています。現在サッカーは日本で最も人気のスポーツの1つであり、子供から大人まで多くの人がプレーしています。 そこで今回は日本のサッカー界の現状について紹介していきます。 Jリーグの規模 2018年現在、Jリーグのクラブ数は53。プレー人数は1500人を超えており、多くの選手がプロとしてJリーグでプレーをしています。また、年間の試合数は1000を超えており、1試合は平均で1万5000人以上の観客を動員するなど、日本でのサッカーの人気の高さが表れています。 しかし、2008年のピークから平均観客動員数は徐々に減少傾向にあり、Jリーグの規模が小さくなっているという指摘もあります。 その理由としては、スター選手の海外への進出、若手スター選手が現れない、などが挙げられています。 日本のサッカー選手の世界への進出 先に述べたように、最近ではJリーグを飛び出し海外のクラブチームでプレーしている日本人選手が増えてきています。例えば、本田圭佑選手、香川真司選手、長友佑都選手はそれぞれメキシコのCFパチューカ、ブンデスリーガ・ボルシア・ドルトムント、スュペル・リグ・ガラタサライで現在プレーしています。 また、先日のFIFAワールドカップでの活躍から、海外クラブチームからの日本人選手への注目度がさらに高まっています。 なぜ日本は世界で勝てないのか? 日本国内では盛り上がりを見せているJリーグですが、日本の海外での活躍はそこまで著しいものではありません。日本の最新FIFAランキングは61位であり、決して高いといえる順位ではありません。 日本が世界で勝てない理由として複数が挙げられていますが、その1つが身体能力の差です。日本人選手は海外選手に比べて小柄であり、いくら身体を鍛えたとしてももともと身体能力の差から体力や技術面でかなわないという指摘があります。 次に、日本のサッカー選手は個の力が弱く、世界で注目されるレベルのスター選手がいないといわれています。確かに海外クラブチームでプレーしていても、著しく活躍が目立つ選手は今のところいません。日本のサッカーはチーム力を強みとしていますが、やはり世界で戦うには、メッシやクリスティアーノ・ロナウドのような天才的プレーヤーが求められるのです。 サッカーは日本で人気を集めていますが、若手スター選手が生まれない、海外で勝つことができない、などの課題を抱えています。しかし、先日のFIFAワールドカップで決勝トーナメント進出を果たして世界のその実力を見せつけた今、日本のサッカー界がますます盛り上がっていくのを期待したいところです。


サッカーの基本ルールについて

サッカー初心者であると、手を使っていいのはゴールキーパーのみ、くらいの本当に基本的なことしか知らない人も多いのではないでしょうか?しかし、ルールがわからないと何が起こっているのかが把握できず、試合の面白さが半減してしまいます。 そこでここでは初心者が知るべきサッカーの基本ルールを紹介していきます。 1.試合の時間と得点方法 サッカーの試合は前半45分、後半45分のあわせて90分で構成されています。 そして、この90分が終了した後に選手交代やファウルで実際にプレイが行われていなかった時間が追加されます。この時間はアディショナルタイムと呼ばれ、大体10分以内が追加されます。 得点方法は相手のゴールにボールを入れるという至ってシンプルなもの。この際、ゴールのラインを超えていれば得点が入るので、必ずしもネットまでボールが到達しなければいけないということはありません。 2.ポジション 基本的なポジションは以下の通りです。 ゴールキーパー GK 試合の中で唯一手を使うことが認められいてるゴールを守る選手を指します。 ディフェンダー DF 自分たちのゴール周辺に待機し、主に守備を中心に行います。ゴールキーパーのサポート的役割を担っており、手を使わずに相手のゴールを防ぎます。 フォワード FW 主に相手のゴール周辺に待機し、得点を取りに行きます。得点できるかはフォワードにかかっているので、試合などで最も注目されるポジションです。 ミットフィルダー MF その名の通り、ディフェンダーとフォワードの間、つまりピッチの中央辺りで待機し、守備と攻撃の両方を行います。状況に応じて攻めと守りを素早く切り替えなければいけないので、幅広い対応力が求められます。 3.ファウルの種類 基本的なファウルには以下のようなものがあります。 ・ゴールキーパーが6秒以上ボールをコントロールする ・ゴールキーパーが味方からパスされたボールに手で触れる ・ゴールキーパーが味方がスローインしたボールに手で触れる ・ボールとは関係のない位置で相手に意図的に接触しプレーを妨害する   ・相手に対して、キック、パンチ、とびかかる、服をつかむなどの暴力的な行為を行う 上記が基本的なファウルですが、細かいものはまだまだたくさんあります。特に相手のプレーを妨げるような暴力行為には細かなルールが設けられており、あまりに悪質な場合は相手にフリーキックのチャンスを与えたり、イエローカードを出されたりすることになります。 4.フリーキック 先に登場したフリーキックですが、これは相手からファウルを受けた際にキックで試合を再開することを指します。(通常はスローインといって手でボールを投げることから試合を再開します。) このフリーキックはファウルが発生した場所から再開しますが、ペナルティエリアと呼ばれるゴール周辺のエリアでファウルがあった場合は、所定の位置からペナルティキックを行うことができます。 以上がサッカーを観戦する際に最低限知っておきたいルールです。この程度を押さえておくと試合中に何が起こっているのかがなんとなく理解できるようになります。 しかしサッカーはまだまだ奥が深く、細かなルールがあります。そのあたりは試合を見つつ徐々に覚えていくようにするといいでしょう。