ブログ

意外と知らないFIFAワールドカップの成り立ちと賞金制度

現在もっとも人気のある世界的スポーツイベントと言っても過言ではない、FIFAワールドカップ。オリンピック同様、4年に一度開催地を変えて開催されます。開催年は冬季オリンピックと同年であることも興味深いですよね。2012年には日本と韓国が共同開催したことで、日本におけるワールドカップの認知度も全国民レベルにまで高まりました。   国別対抗トーナメントでサッカー世界王者を決める FIFAワールドカップは有名スター選手が出身国ごとに分かれて、世界一のサッカー王国をトーナメント形式で決めます。本選に参加できる国は32か国。予選は開催年の1~2年前より各地域ごとに実施されます。サッカー人気が世界中で広まるにつれて、1998年に以前までの24か国から32か国へと出場国の枠が拡大されました。 90年近くの歴史があるワールドカップ ワールドカップの歴史は、開催団体であるFIFA (国際サッカー連盟)が設立された1904年まで遡ります。1930年にウルグアイで第一回FIFAワールドカップが実施され、開催国であるウルグアイが優勝しました。当時の出場国は13か国。2位はアルゼンチン、3位がアメリカ合衆国と、南米勢力の強さを感じさせます。   試行錯誤を経て公平な投票方式に 開催国の選定は、FIFA総会での投票で決まります。過去には24名程度で構成されたFIFA理事会での投票で決定していた時期もありましたが、公平性を保つために、近年FIFA総会での開催立候補国を除く全加盟協会による投票方式に変更されました。過去には買収工作や過度の誘致活動など、大きな問題もありました。   スイスフランで支払われていたワールドカップの賞金 ワールドカップに賞金があることをご存知でしたか?賞金は優勝国、準優勝国、そして3位国のみならず、4位国、ベスト8およびベスト16にも贈呈されます。賞金額はFIFA本部がスイスのチューリッヒにある関係上スイスフランで支払われていましたが、2010年南アフリカ大会よりドル建てに変更されました。 あまり知られていない賞金内訳と種類 2018年ロシア大会での優勝賞金は3800万ドル、準優勝のチームには2800万ドル、3位国には2400万ドル、17~32位のグループリーグ敗退国にも出場給として800万ドルが贈呈されています。そして大会出場全32か国に、大会準備金として150万ドルが渡されています。

Read More

サッカーの基本ルールについて

サッカー初心者であると、手を使っていいのはゴールキーパーのみ、くらいの本当に基本的なことしか知らない人も多いのではないでしょうか?しかし、ルールがわからないと何が起こっているのかが把握できず、試合の面白さが半減してしまいます。 そこでここでは初心者が知るべきサッカーの基本ルールを紹介していきます。 1.試合の時間と得点方法 サッカーの試合は前半45分、後半45分のあわせて90分で構成されています。 そして、この90分が終了した後に選手交代やファウルで実際にプレイが行われていなかった時間が追加されます。この時間はアディショナルタイムと呼ばれ、大体10分以内が追加されます。 得点方法は相手のゴールにボールを入れるという至ってシンプルなもの。この際、ゴールのラインを超えていれば得点が入るので、必ずしもネットまでボールが到達しなければいけないということはありません。 2.ポジション 基本的なポジションは以下の通りです。 ゴールキーパー GK 試合の中で唯一手を使うことが認められいてるゴールを守る選手を指します。 ディフェンダー DF 自分たちのゴール周辺に待機し、主に守備を中心に行います。ゴールキーパーのサポート的役割を担っており、手を使わずに相手のゴールを防ぎます。 フォワード FW 主に相手のゴール周辺に待機し、得点を取りに行きます。得点できるかはフォワードにかかっているので、試合などで最も注目されるポジションです。 ミットフィルダー MF その名の通り、ディフェンダーとフォワードの間、つまりピッチの中央辺りで待機し、守備と攻撃の両方を行います。状況に応じて攻めと守りを素早く切り替えなければいけないので、幅広い対応力が求められます。 3.ファウルの種類 基本的なファウルには以下のようなものがあります。 ・ゴールキーパーが6秒以上ボールをコントロールする ・ゴールキーパーが味方からパスされたボールに手で触れる ・ゴールキーパーが味方がスローインしたボールに手で触れる ・ボールとは関係のない位置で相手に意図的に接触しプレーを妨害する   ・相手に対して、キック、パンチ、とびかかる、服をつかむなどの暴力的な行為を行う 上記が基本的なファウルですが、細かいものはまだまだたくさんあります。特に相手のプレーを妨げるような暴力行為には細かなルールが設けられており、あまりに悪質な場合は相手にフリーキックのチャンスを与えたり、イエローカードを出されたりすることになります。 4.フリーキック 先に登場したフリーキックですが、これは相手からファウルを受けた際にキックで試合を再開することを指します。(通常はスローインといって手でボールを投げることから試合を再開します。) このフリーキックはファウルが発生した場所から再開しますが、ペナルティエリアと呼ばれるゴール周辺のエリアでファウルがあった場合は、所定の位置からペナルティキックを行うことができます。 以上がサッカーを観戦する際に最低限知っておきたいルールです。この程度を押さえておくと試合中に何が起こっているのかがなんとなく理解できるようになります。 しかしサッカーはまだまだ奥が深く、細かなルールがあります。そのあたりは試合を見つつ徐々に覚えていくようにするといいでしょう。


サッカー界の賞

サッカー界には数多くの賞が存在し、サッカーをプレーする人であれば誰もが憧れるものが多数あります。ここでは国内が問わず、それらの賞の中でも特に誰もが一度は憧れる偉大なものを紹介していきます。   FIFA最優秀選手賞 1991年に国際サッカー連盟(FIFA)が創設した章です。FIFAに加盟する各国の監督と主将が投票をし、1年を通して最も活躍したと思われる選手に贈られます。 日本ではこれまで三浦知良選手、中田英寿選手、高松大樹選手、澤穂希選手などがノミネートをされましたが、受賞をした選手はまだ出ていません。   バロンドール サッカー専門誌「フランス・フットボール」が1956年に創設したサッカー界で最も栄誉のある賞の1つ。FIFA最優秀選手賞が監督や主将によって選ばれるのに対し、バロンドールはサッカー記者によって選出されます。 1994年までは欧州国籍の選手のみが受賞対象とされていましたが、1995年以降は国籍を問わず世界各国のプレーヤーが対象となりました。 日本人では、中田英寿選手、稲本潤一選手、中村俊輔選手の3人がノミネートされたことがあります。   ※FIFA最優秀選手賞とバロンドールは2010年に統合されFIFAバロンドールという名の賞に変わりましたが、2016年からはその提携が解消され、再度別々に表彰されるようになりました。 UEFA欧州最優秀選手賞 2011年に創設されたヨーロッパのクラブチームでプレーする選手に対して贈られる賞です。欧州サッカー連盟(UEFA)と欧州スポーツ雑誌組合(ESM)の投票によって決定されます。 この賞はまだ比較的新しい賞であることもあり、日本人からノミネートされた選手はまだ出ていません。   日本年間最優秀選手賞 別名フットボーラー・オブ・ザ・イヤーとも呼ばれる、プロやアマチュア問わず、年間を通じて活躍した選手に贈られる賞です。 1961年に創設され、全国のサッカー担当記者の投票によって受賞者が決定されます。 2015年には大久保嘉人選手(川崎フロンターレ)、2016年には中村憲剛選手(川崎フロンターレ)、2017年には小林悠選手(川崎フロンターレ)が受賞をしています。 歴代の受賞者にはラモス瑠偉選手、杉山隆一選手、木村和司選手などがおり、釜本邦茂選手が最高の7回を受賞しています。   Jリーグアウォーズ Jリーグのシーズン終了後に受賞者が決定される日本プロサッカーリーグによる賞です。 Jリーグアウォーズの中には、最優秀選手賞(MVP)、ベストイレブン、得点王、ベストヤングプレーヤー賞など多数の賞が含まれ、Jリーグの監督や選手、選考委員会によって選出されます。   以上の世界または日本で特に注目されているサッカー界の賞です。今注目の選手が知りたい時などはこれらの賞の受賞者を確認してみると、サッカー界の今話題の選手を知ることができます。