世界のサッカー

オリンピックの正式種目としてのサッカー「フットボール」

サッカーは他の競技と同様に、世界中で様々な大会・リーグが開催されています。有名な大会に、近年日本も連続出場している4年に一度開催される国際試合FIFAワールドカップ、毎年大陸ヨーロッパ各国のクラブチームが参加するUEFAチャンピオンズリーグ、アジア各地域で行われるアジアカップに、コパ・アメリカを始めとする南米大会、そしてアフリカでもネイションズカップ・チャンピオンシップなどの大規模な大会が実施されています。 歴史あるオリンピックでのサッカー 忘れてならないのが、夏季オリンピックで行われるサッカーです。サッカーは英語名の「フットボール」としてオリンピックの種目に登録されており、1900年のパリ・オリンピックから非公式で試合が行われ、正式種目になったのは1908年のロンドン・オリンピックからと、非常に長い歴史を持っています。しかし、女子サッカーが正式に採用されたのは、比較的最近の1996年のアトランタ・オリンピックからとなっています。 さて、オリンピック種目であるサッカーですが、多くの人が疑問に思うのではないでしょうか?「なんで五輪サッカーって盛り上がらないんだろう・・・そこにはいくつかの理由と歴史が潜んでいます。 U-23 ≠ オリンピック代表選手? オリンピックの出場サッカー選手には、年齢制限があります。大会が実施される前年の12月31日時点で、23歳以下の選手に限ります。そのため、オリンピック開催時に年齢オーバーしてしまう選手は、オーバーエイジ選手の枠に納めるか、他の選手と取り替える必要があります。オリンピック代表選手がU-23と呼ばれる所以は、ここにあります。 アマチュア主義 vs プロフェッショナル主義 オリンピックがアマチュア主義であるのに対して、プロ選手による国際大会を推進して誕生したのがFIFAワールドカップです。1930年の設立より、ワールドカップの人気は衰えるどことか、勢いを増しています。その影響によるオリンピック離れが、その他のチャンピオンシップにも及んでいます。オリンピック選手として招集されたU-23に該当するクラブ選手が、所属クラブと相談してクラブに残りチャンピオンシップを戦うなど、例外も発生しています。 女子サッカーの快進撃 驚くべきことに、女子には年齢制限がありません。女子の参加国はFIFA女子ワールドカップよりも少ないこともあり、次回2020年東京オリンピックでは開催国も含めたヨーロッパ 3か国、アフリカ2か国、アジア2か国、北中米カリブ海2か国、南米2か国、そしてオセアニア1か国の合計12か国となっています。 規則正しく、「オリンピック」らしく IOCによって、オリンピック本選で行われる試合ではユニフォームは他の大会と同じものを使用しないこと、各国サッカー協会や連盟のロゴおよびスポンサーマークを身に着けないことなど、ユニフォームにも厳しい規定があります。このような決まりの多さが、オリンピックサッカーがイマイチ盛り上がりに欠ける原因の一つかもしれません。 それでは、次回の優勝国は・・・ 前回の2016年リオデジャネイロ・オリンピックではブラジルが優勝しました。様々な懸念や条件があるものの、次回の2020年東京オリンピックでは、開催国である日本が優勝する可能性も無きにしも非ず!

Read More

世界中で大人気のオンラインサッカーベッティングサイト

オンラインベッティング(賭博)をご存知ですか?ブックメーカーと呼ばれるベッティング会社が提供するオンラインプラットフォームにて、たくさんの業界・競技でベッティングを楽しむことができます。なかでも、スポーツベッティングは昔から人気があり、特にサッカーベッティングは莫大な利益をもたらし巨大ビジネスになるまで成長しています。 時代はアナログからデジタルへ 日本で賭博と言えば「競馬」を思い浮かべる方が多いと思います。日曜日の朝から競馬新聞を片手にラジオ中継に耳を傾ける大人たち・・・。当時は賭博情報と言えば新聞やラジオ、競馬テレビが主流でした。しかしインターネットが普及し、情報はほとんどオンラインで瞬時に手に入り、支払いもネット経由で決算可能な現在、インターネットを使えば他の国で実施されている競技にライブで賭けを行い、すぐに勝ち分を受け取ることができるのです。 一年中好きな時に好きなスポーツでグローバルにベッティング オンラインスポーツベッティングは、サッカー、野球、テニスなど様々なスポーツで実施されているため、ブックメーカーに登録して課金をすれば、24時間365日いつでもお好みのスポーツで賭けをすることができます。パソコン、携帯、タブレットなど、端末も自由に選択可能です。各国リーグ戦のみでなく、ワールドカップやオリンピックなどの国際試合でも賭けを行うことができます。まさにベッティングのボーダレス化ですね。 お勧めのサッカーオンラインベッティングブックメーカー サッカーベッティングで世界的に有名なブックメーカーであるWilliam Hill(ウィリアムヒル)は、日本語でのウェブサイト対応もあるので、初心者の方には特にお勧めです。1934年に設立されたイギリス最大のブックメーカーであり、ロンドン証券会社に上場している信頼性の高い会社です。世界業界No.1のプレイテック社のソフトウェアを使用しているため、プレイもスムーズにお楽しみいただけます。 初回プロモーションを使って気軽にチャレンジ! 登録方法は極めて簡単です。ウィリアムヒルのウェブサイトの「今すぐ登録」を選択し、氏名や生年月日、支払い方法などの詳細情報を入力するだけです。すぐに使えるボーナスやプロモーションがあるのも、ウィリアムヒルの魅力です。登録時に「JP100」のプロモーションコードを入力して初回限定100%マッチボーナスをゲットします。すると初回ベット額に対する100%が、4度に分かれてフリーベットとして贈呈されます。 使い方もスマート&自由にアレンジ可能 また、iOSとAndroid対応の専用アプリをダウンロードすればどこにいても手軽にベット&結果を確認できます。プレミアリーグからJリーグまで、実施されているほとんどの試合結果を一目で確認できるので、ベットをしないサッカー通の方にも情報源として登録&ダウンロードすることをお勧めします(登録無料)。お問い合わせは日本語対応可能のチャットかメールが便利です。通常1日以内で返信があります。ウェブサイトの「ヘルプ」をご参照ください。 優良ブックメーカーはまだまだあります! プレミアリーグのストークシティのユニフォームスポンサーを務めるbet365 (ベット365)や、米ワシントンポスト紙で「歴史上、最大・最高のブックメーカー」と称されたPinnacle Sports (ピナクルスポーツ)、ヨーロッパで大人気の Net Bet(ネットベット)などがあります。ほとんどのブックメーカーが日本円、米ドル、ユーロを通貨として使用しており、日本語対応サービスを提供しています。  


欧州サッカー界でも注目されるイングランド・プレミアリーグの強豪チーム

世界各国で親しまれているサッカーですが、中でもヨーロッパにはたくさんの強豪チームが昔から存在しており、各地で活気ある試合が繰り広げられています。多くの選手は国際試合になるとそれぞれの出身国代表としてプレーしますが、この欧州サッカーリーグでは各国の有名選手による夢のようなチーム編成を見ることができます。   サッカーの生みの親・イギリス 現代サッカーの誕生地として知られているイギリスには、19世紀後半よりビジネスと競技が一体化して可能になった初のプロサッカーリーグ、プレミアリーグがあります。そのルックスとプレーで一斉を風靡したベッカム選手も、このプレミアリーグの出身です。   一つの国、三つのプレミアリーグ プレミアリーグを語る上で欠かせないのが、複雑化したイギリスの国内情勢です。イギリスはイングランド、スコットランド、ウェールズ、そして北アイルランドから成る連合王国です。スコットランドにはスコティッシュ・プレミアリーグ、ウェールズにはウェルシュ・プレミアリーグ、北アイルランドにはNIFLプレミアリーグがそれぞれあります。スコットランドはかつて日本のエースであった中村俊輔選手が、セルティック F.C. に所属しリーグ優勝に貢献するなど、大活躍していたことでも有名です。   ハイレベルのプレーが各地域に広がる 日本と同じ島国であるイギリスに、これだけ多くの細密化されたリーグが存在し、世界中からも選手が集まってプレーしているという事実は、それだけレベルと知名度が高いことがうかがえます。最近では、2015-2016シーズンでプレミアリーグ初優勝を果たしたレスターシティ F.C.に、日本のFW 岡崎慎司選手が所属していることで注目を集めています。 実績と歴史あるチームが勢ぞろい そんなプレミアリーグですが、ビートルズの出身地でもあるリバプールに本拠地を構える由緒あるリバプール F.C.、そのリバプールと対戦する際は街中が大騒ぎのダービー戦となるマンチェスターユナイテッド F.C.、イングランド代表キャプテンを務めるハリー・ケイン選手が所属するトッテナム F.C. に、高額契約で海外有名選手を収集することで有名な手厚いスポンサーを持つチェルシー F.C.など、地域ごとに魅力あるチームがたくさんあります。   有名選手が所属する強豪チームばかりの欧州サッカーリーグ その他のヨーロッパで有名なリーグといえば、ポルトガル代表のクリスチアーノ・ロナウド選手が所属するレアル・マドリードが君臨するリーガエスパニョーラ (スペイン)、日本代表キャプテンを長年務めた長谷部誠選手が活躍するバイエルミュンヘンがあるブンデスリーガ (ドイツ)、日本サッカーに名前を残した中田英寿選手が日本人で初めて移籍して話題となったセリアA (イタリア)、ブラジル代表のエース・ネイマール選手がプレーするリーグアン (フランス) などがあります。   人生で一度は経験してみたい、本場ヨーロッパでのスタジアム観戦 サッカーは人々を魅了し、時に熱狂させます。その地域密着したサッカー文化が発達したヨーロッパでは、現在も国・地域ごとに様々なサッカードラマが生まれ、世界に発信しています。その臨場感はスタジアムに一度足を運んで体験してみる価値ありです!特にプレミアリーグの試合で感じる高揚感は他に類を見ません。ヨーロッパにご旅行の際は、ぜひ現地でサッカー観戦を!


UEFAチャンピオンズリーグについて

UEFAチャンピオンズリーグとは、UEFA(欧州サッカー連盟)が主催するサッカーの国際大会を指します。毎年9月から翌年の5月までが開催期間であり、CL、UCLと表記されることもあります。 権威あるクラブチームが多く出場することから世界中から注目を集めており、先日行われたFIFAワールドカップと並んで世界中のサッカー選手が憧れる大会となっています。   1.出場できるチームは? UEFAチャンピオンズリーグに出場できるのは下記に該当するクラブチームです。 ・UEFAランキング1位〜3位の国の上位4クラブ ・UEFAランキング4位〜6位の国の上位3クラブ ・UEFAランキング7位〜15位の国の上位2クラブ ・UEFAランキング16位以下の国の1位クラブ ・前年度UEFAチャンピオンズリーグ優勝クラブ ・前年度UEFAヨーロッパリーグ優勝クラブ 上記のように設けられていますが、1か国から出場できるクラブは最大5までと決められています。   2.常連クラブチームは? UEFAチャンピオンズリーグの常連である強豪クラブチームとしてよく名前が挙がるのは以下の通りです。 ・バルセロナ、・バイエルン・ミュンヘン、・レアル・マドリード、・アトレティコ・マドリード、マンチェスター・シティ、・ユヴェントス、・ボルシア・ドルトムント、・チェルシー、・インテル 国としてはスペインやドイツなどが挙げられます。近年ではイタリアが弱ってきており、代わりにイギリスの活躍が目立つようになりました。   3.2017-2018の結果 決勝トーナメントに出場したチームは以下の16チームです。もちろん常連チームが名を連ねています。 セビージャ、マンチェスター・ユナイテッド、 バイエルン・ミュンヘン、 ベシクタシュ、ユヴェントス、トッテナム・ホットスパー、レアル・マドリード、パリ・サンジェルマン、ポルト、リヴァプール、バーゼル、マンチェスター・シティ、チェルシー、バルセロナ、シャフタール・ドネツク、 ローマ   2018年5月26日に行われた決勝戦ではレアル・マドリードがリヴァプールを3-1で下し、優勝を果たしました。やはりヨーロッパではスペインの勢いが止まらず圧倒的な強さを見せつけています。 4.注目選手 多数の一流プレーヤーが集まるヨーロッパですが、特に下記の選手はUEFAチャンピオンズリーグを楽しむあたって欠かせないプレーヤーです。   リオネル・メッシ 日本でも知名度の高いメッシ。得点力の高さや巧みなボールの扱い方などだれもが認める天才的なプレーでサッカーファンを魅了しています。 アルゼンチン人の選手ですが、ヨーロッパのサッカーを牽引している代表的なプレーヤーです。   ネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール メッシと同じく南米勢で、ネイマールはブラジル出身の選手です。以前まではメッシと同じチームであるバルセロナに所属していましたが、先日290億円という史上最高の移籍金でパリサンジェルマンに移籍をしました。…