日本のサッカー

日本のサッカー界の現状

1993年にJリーグが開幕し、2018年の現在25年が経過しています。現在サッカーは日本で最も人気のスポーツの1つであり、子供から大人まで多くの人がプレーしています。 そこで今回は日本のサッカー界の現状について紹介していきます。 Jリーグの規模 2018年現在、Jリーグのクラブ数は53。プレー人数は1500人を超えており、多くの選手がプロとしてJリーグでプレーをしています。また、年間の試合数は1000を超えており、1試合は平均で1万5000人以上の観客を動員するなど、日本でのサッカーの人気の高さが表れています。 しかし、2008年のピークから平均観客動員数は徐々に減少傾向にあり、Jリーグの規模が小さくなっているという指摘もあります。 その理由としては、スター選手の海外への進出、若手スター選手が現れない、などが挙げられています。 日本のサッカー選手の世界への進出 先に述べたように、最近ではJリーグを飛び出し海外のクラブチームでプレーしている日本人選手が増えてきています。例えば、本田圭佑選手、香川真司選手、長友佑都選手はそれぞれメキシコのCFパチューカ、ブンデスリーガ・ボルシア・ドルトムント、スュペル・リグ・ガラタサライで現在プレーしています。 また、先日のFIFAワールドカップでの活躍から、海外クラブチームからの日本人選手への注目度がさらに高まっています。 なぜ日本は世界で勝てないのか? 日本国内では盛り上がりを見せているJリーグですが、日本の海外での活躍はそこまで著しいものではありません。日本の最新FIFAランキングは61位であり、決して高いといえる順位ではありません。 日本が世界で勝てない理由として複数が挙げられていますが、その1つが身体能力の差です。日本人選手は海外選手に比べて小柄であり、いくら身体を鍛えたとしてももともと身体能力の差から体力や技術面でかなわないという指摘があります。 次に、日本のサッカー選手は個の力が弱く、世界で注目されるレベルのスター選手がいないといわれています。確かに海外クラブチームでプレーしていても、著しく活躍が目立つ選手は今のところいません。日本のサッカーはチーム力を強みとしていますが、やはり世界で戦うには、メッシやクリスティアーノ・ロナウドのような天才的プレーヤーが求められるのです。 サッカーは日本で人気を集めていますが、若手スター選手が生まれない、海外で勝つことができない、などの課題を抱えています。しかし、先日のFIFAワールドカップで決勝トーナメント進出を果たして世界のその実力を見せつけた今、日本のサッカー界がますます盛り上がっていくのを期待したいところです。

Read More

サッカー知識がなくてもOK! 世代を問わず愛されるサッカーくじ

賭博の歴史は世界中古くまでさかのぼり、人々の生活に活気とドラマを提供してきました。日本も例外ではなく、江戸時代は真剣にサイコロを転がす着物姿の大人たち、現代は日曜日になると新聞にかじりつく競馬ファンの姿など、賭け事は日本の様々な時代・分野に浸透しています。では、スポーツではどうでしょう?   日本の公営競技 賭博の対象として、日本の公の機関が開催するプロフェッショナルな競技に「競馬」「競輪」「競艇」そして「オートレース」があります。近代競馬は1860年から実施されており、第二次世界大戦に復興支援の一つとして公営ギャンブルとなりました。その後、高度経済成長期とともに他の競技も加わり活気を見せましたが、1990年代のバブル崩壊から収益は減少方向となっています。   初めての全国的なサッカーくじ そんな中、欧米のスポーツくじを参考にしながら、日本で初めてのサッカーくじ「toto」が2001年より全国発売されました。1998年制定の「スポーツ振興投票の実施等に関する法律」によって、日本国内および海外で開催される指定された試合に対してのみ、公式に賭けを行うことができるようになりました。   豊富な種類・賭け口でお手並み拝見 発売から約20年が経過しようとする今、「toto」は種類が増えてサッカーの知識がなくても参加できる「toto BIG」や、5試合だけ予想する「toto mini」、ゴール得点を予想する「toto GOAL」など、気軽に参加・選択ができるようになりました。   海外有名チームの試合も! とりわけ、ドイツ・ブンデスリーガやフットボール・チャンピオンシップなど、海外有名リーグも指定に含まれている点で、日本国内にとらわれない雰囲気が多くのサッカーファンを魅了しています。 いつでもどこでも購入できる便利さ! 購入方法も、コンビニやインターネット、店舗などライフスタイルに合わせて選べるようになっています。キャリーオーバー有り無しのオプションもあり、サッカーファンならずとも金額の大きさは注目の的です。   日本のスポーツに貢献しながら賞金をゲット! 購入は19歳以上から、老若男女問わず親しまれているサッカーくじ「toto」。売上の一部は日本のスポーツ業界活性化および育成のために貢献されています。2020年開催の東京オリンピックも例外ではありません。また、過去のデータを見ると高額賞金の6億円が頻繁に発生しており、購入者も回数を増すにつれて高額賞金が当選しているという保証付き!   過去には約80億円のキャリーオーバーも! 2008年には史上初の80億円超えのキャリーオーバーが発生し、システム担当者があわてて100億円クラスの対応に追われたという裏話もあります。また、最も当選が多かった購入日は「土曜日」で、天気は「くもり」、時間帯は「午前10時台」という統計結果が出ています。   友達、家族、恋人と一緒に挑戦してみよう クリーンなイメージ通り、サッカーくじは透明性が保たれた誰にでもチャンスが訪れる素晴らしいマネーメイキングです。専門知識不要、活気に満ちた日本のサッカーくじ業界に、あなたも参加してみてはいかがでしょうか?