サッカー知識がなくてもOK! 世代を問わず愛されるサッカーくじ

賭博の歴史は世界中古くまでさかのぼり、人々の生活に活気とドラマを提供してきました。日本も例外ではなく、江戸時代は真剣にサイコロを転がす着物姿の大人たち、現代は日曜日になると新聞にかじりつく競馬ファンの姿など、賭け事は日本の様々な時代・分野に浸透しています。では、スポーツではどうでしょう?   日本の公営競技 賭博の対象として、日本の公の機関が開催するプロフェッショナルな競技に「競馬」「競輪」「競艇」そして「オートレース」があります。近代競馬は1860年から実施されており、第二次世界大戦に復興支援の一つとして公営ギャンブルとなりました。その後、高度経済成長期とともに他の競技も加わり活気を見せましたが、1990年代のバブル崩壊から収益は減少方向となっています。   初めての全国的なサッカーくじ そんな中、欧米のスポーツくじを参考にしながら、日本で初めてのサッカーくじ「toto」が2001年より全国発売されました。1998年制定の「スポーツ振興投票の実施等に関する法律」によって、日本国内および海外で開催される指定された試合に対してのみ、公式に賭けを行うことができるようになりました。   豊富な種類・賭け口でお手並み拝見 発売から約20年が経過しようとする今、「toto」は種類が増えてサッカーの知識がなくても参加できる「toto BIG」や、5試合だけ予想する「toto mini」、ゴール得点を予想する「toto GOAL」など、気軽に参加・選択ができるようになりました。   海外有名チームの試合も! とりわけ、ドイツ・ブンデスリーガやフットボール・チャンピオンシップなど、海外有名リーグも指定に含まれている点で、日本国内にとらわれない雰囲気が多くのサッカーファンを魅了しています。 いつでもどこでも購入できる便利さ! 購入方法も、コンビニやインターネット、店舗などライフスタイルに合わせて選べるようになっています。キャリーオーバー有り無しのオプションもあり、サッカーファンならずとも金額の大きさは注目の的です。   日本のスポーツに貢献しながら賞金をゲット! 購入は19歳以上から、老若男女問わず親しまれているサッカーくじ「toto」。売上の一部は日本のスポーツ業界活性化および育成のために貢献されています。2020年開催の東京オリンピックも例外ではありません。また、過去のデータを見ると高額賞金の6億円が頻繁に発生しており、購入者も回数を増すにつれて高額賞金が当選しているという保証付き!   過去には約80億円のキャリーオーバーも! 2008年には史上初の80億円超えのキャリーオーバーが発生し、システム担当者があわてて100億円クラスの対応に追われたという裏話もあります。また、最も当選が多かった購入日は「土曜日」で、天気は「くもり」、時間帯は「午前10時台」という統計結果が出ています。   友達、家族、恋人と一緒に挑戦してみよう クリーンなイメージ通り、サッカーくじは透明性が保たれた誰にでもチャンスが訪れる素晴らしいマネーメイキングです。専門知識不要、活気に満ちた日本のサッカーくじ業界に、あなたも参加してみてはいかがでしょうか?


欧州サッカー界でも注目されるイングランド・プレミアリーグの強豪チーム

世界各国で親しまれているサッカーですが、中でもヨーロッパにはたくさんの強豪チームが昔から存在しており、各地で活気ある試合が繰り広げられています。多くの選手は国際試合になるとそれぞれの出身国代表としてプレーしますが、この欧州サッカーリーグでは各国の有名選手による夢のようなチーム編成を見ることができます。   サッカーの生みの親・イギリス 現代サッカーの誕生地として知られているイギリスには、19世紀後半よりビジネスと競技が一体化して可能になった初のプロサッカーリーグ、プレミアリーグがあります。そのルックスとプレーで一斉を風靡したベッカム選手も、このプレミアリーグの出身です。   一つの国、三つのプレミアリーグ プレミアリーグを語る上で欠かせないのが、複雑化したイギリスの国内情勢です。イギリスはイングランド、スコットランド、ウェールズ、そして北アイルランドから成る連合王国です。スコットランドにはスコティッシュ・プレミアリーグ、ウェールズにはウェルシュ・プレミアリーグ、北アイルランドにはNIFLプレミアリーグがそれぞれあります。スコットランドはかつて日本のエースであった中村俊輔選手が、セルティック F.C. に所属しリーグ優勝に貢献するなど、大活躍していたことでも有名です。   ハイレベルのプレーが各地域に広がる 日本と同じ島国であるイギリスに、これだけ多くの細密化されたリーグが存在し、世界中からも選手が集まってプレーしているという事実は、それだけレベルと知名度が高いことがうかがえます。最近では、2015-2016シーズンでプレミアリーグ初優勝を果たしたレスターシティ F.C.に、日本のFW 岡崎慎司選手が所属していることで注目を集めています。 実績と歴史あるチームが勢ぞろい そんなプレミアリーグですが、ビートルズの出身地でもあるリバプールに本拠地を構える由緒あるリバプール F.C.、そのリバプールと対戦する際は街中が大騒ぎのダービー戦となるマンチェスターユナイテッド F.C.、イングランド代表キャプテンを務めるハリー・ケイン選手が所属するトッテナム F.C. に、高額契約で海外有名選手を収集することで有名な手厚いスポンサーを持つチェルシー F.C.など、地域ごとに魅力あるチームがたくさんあります。   有名選手が所属する強豪チームばかりの欧州サッカーリーグ その他のヨーロッパで有名なリーグといえば、ポルトガル代表のクリスチアーノ・ロナウド選手が所属するレアル・マドリードが君臨するリーガエスパニョーラ (スペイン)、日本代表キャプテンを長年務めた長谷部誠選手が活躍するバイエルミュンヘンがあるブンデスリーガ (ドイツ)、日本サッカーに名前を残した中田英寿選手が日本人で初めて移籍して話題となったセリアA (イタリア)、ブラジル代表のエース・ネイマール選手がプレーするリーグアン (フランス) などがあります。   人生で一度は経験してみたい、本場ヨーロッパでのスタジアム観戦 サッカーは人々を魅了し、時に熱狂させます。その地域密着したサッカー文化が発達したヨーロッパでは、現在も国・地域ごとに様々なサッカードラマが生まれ、世界に発信しています。その臨場感はスタジアムに一度足を運んで体験してみる価値ありです!特にプレミアリーグの試合で感じる高揚感は他に類を見ません。ヨーロッパにご旅行の際は、ぜひ現地でサッカー観戦を!


UEFAチャンピオンズリーグについて

UEFAチャンピオンズリーグとは、UEFA(欧州サッカー連盟)が主催するサッカーの国際大会を指します。毎年9月から翌年の5月までが開催期間であり、CL、UCLと表記されることもあります。 権威あるクラブチームが多く出場することから世界中から注目を集めており、先日行われたFIFAワールドカップと並んで世界中のサッカー選手が憧れる大会となっています。   1.出場できるチームは? UEFAチャンピオンズリーグに出場できるのは下記に該当するクラブチームです。 ・UEFAランキング1位〜3位の国の上位4クラブ ・UEFAランキング4位〜6位の国の上位3クラブ ・UEFAランキング7位〜15位の国の上位2クラブ ・UEFAランキング16位以下の国の1位クラブ ・前年度UEFAチャンピオンズリーグ優勝クラブ ・前年度UEFAヨーロッパリーグ優勝クラブ 上記のように設けられていますが、1か国から出場できるクラブは最大5までと決められています。   2.常連クラブチームは? UEFAチャンピオンズリーグの常連である強豪クラブチームとしてよく名前が挙がるのは以下の通りです。 ・バルセロナ、・バイエルン・ミュンヘン、・レアル・マドリード、・アトレティコ・マドリード、マンチェスター・シティ、・ユヴェントス、・ボルシア・ドルトムント、・チェルシー、・インテル 国としてはスペインやドイツなどが挙げられます。近年ではイタリアが弱ってきており、代わりにイギリスの活躍が目立つようになりました。   3.2017-2018の結果 決勝トーナメントに出場したチームは以下の16チームです。もちろん常連チームが名を連ねています。 セビージャ、マンチェスター・ユナイテッド、 バイエルン・ミュンヘン、 ベシクタシュ、ユヴェントス、トッテナム・ホットスパー、レアル・マドリード、パリ・サンジェルマン、ポルト、リヴァプール、バーゼル、マンチェスター・シティ、チェルシー、バルセロナ、シャフタール・ドネツク、 ローマ   2018年5月26日に行われた決勝戦ではレアル・マドリードがリヴァプールを3-1で下し、優勝を果たしました。やはりヨーロッパではスペインの勢いが止まらず圧倒的な強さを見せつけています。 4.注目選手 多数の一流プレーヤーが集まるヨーロッパですが、特に下記の選手はUEFAチャンピオンズリーグを楽しむあたって欠かせないプレーヤーです。   リオネル・メッシ 日本でも知名度の高いメッシ。得点力の高さや巧みなボールの扱い方などだれもが認める天才的なプレーでサッカーファンを魅了しています。 アルゼンチン人の選手ですが、ヨーロッパのサッカーを牽引している代表的なプレーヤーです。   ネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール メッシと同じく南米勢で、ネイマールはブラジル出身の選手です。以前まではメッシと同じチームであるバルセロナに所属していましたが、先日290億円という史上最高の移籍金でパリサンジェルマンに移籍をしました。…


サッカー界の賞

サッカー界には数多くの賞が存在し、サッカーをプレーする人であれば誰もが憧れるものが多数あります。ここでは国内が問わず、それらの賞の中でも特に誰もが一度は憧れる偉大なものを紹介していきます。   FIFA最優秀選手賞 1991年に国際サッカー連盟(FIFA)が創設した章です。FIFAに加盟する各国の監督と主将が投票をし、1年を通して最も活躍したと思われる選手に贈られます。 日本ではこれまで三浦知良選手、中田英寿選手、高松大樹選手、澤穂希選手などがノミネートをされましたが、受賞をした選手はまだ出ていません。   バロンドール サッカー専門誌「フランス・フットボール」が1956年に創設したサッカー界で最も栄誉のある賞の1つ。FIFA最優秀選手賞が監督や主将によって選ばれるのに対し、バロンドールはサッカー記者によって選出されます。 1994年までは欧州国籍の選手のみが受賞対象とされていましたが、1995年以降は国籍を問わず世界各国のプレーヤーが対象となりました。 日本人では、中田英寿選手、稲本潤一選手、中村俊輔選手の3人がノミネートされたことがあります。   ※FIFA最優秀選手賞とバロンドールは2010年に統合されFIFAバロンドールという名の賞に変わりましたが、2016年からはその提携が解消され、再度別々に表彰されるようになりました。 UEFA欧州最優秀選手賞 2011年に創設されたヨーロッパのクラブチームでプレーする選手に対して贈られる賞です。欧州サッカー連盟(UEFA)と欧州スポーツ雑誌組合(ESM)の投票によって決定されます。 この賞はまだ比較的新しい賞であることもあり、日本人からノミネートされた選手はまだ出ていません。   日本年間最優秀選手賞 別名フットボーラー・オブ・ザ・イヤーとも呼ばれる、プロやアマチュア問わず、年間を通じて活躍した選手に贈られる賞です。 1961年に創設され、全国のサッカー担当記者の投票によって受賞者が決定されます。 2015年には大久保嘉人選手(川崎フロンターレ)、2016年には中村憲剛選手(川崎フロンターレ)、2017年には小林悠選手(川崎フロンターレ)が受賞をしています。 歴代の受賞者にはラモス瑠偉選手、杉山隆一選手、木村和司選手などがおり、釜本邦茂選手が最高の7回を受賞しています。   Jリーグアウォーズ Jリーグのシーズン終了後に受賞者が決定される日本プロサッカーリーグによる賞です。 Jリーグアウォーズの中には、最優秀選手賞(MVP)、ベストイレブン、得点王、ベストヤングプレーヤー賞など多数の賞が含まれ、Jリーグの監督や選手、選考委員会によって選出されます。   以上の世界または日本で特に注目されているサッカー界の賞です。今注目の選手が知りたい時などはこれらの賞の受賞者を確認してみると、サッカー界の今話題の選手を知ることができます。