ブログ

無料視聴だけではないサッカーライブストリーミングの魅力と注意点

テクノロジーの飛躍的な向上によって、スポーツの観戦方法もオーソドックスな会場で観戦する方法から、ご自宅のTVやお手元の携帯電話などメディアを経由して観戦する方法へと、大きく変容してきました。現在ではインターネット上でもライブストリーミングを通して試合を観戦できるようになり、衛星TV放送局に加入することなく、お持ちのパソコンで海外の試合もお手軽に観戦できる時代になりました。 ブックメーカーによるライブストリーミングの仕組み ほとんどのライブストリーミングおよび衛星放送は「視聴」そのものがサービスとなっているため、わたしたち視聴者はその権利をお金で支払います。ではサッカーベッティングを提供しているブックメーカーはどうでしょう。ブックメーカーはベッティングをサービスとしているため、「視聴」はベッティングツールにすぎません。実は多くの人が知らないのですが、ブックメーカーが放送するライブストリーミングは、誰でも無料で利用できるのです! 全世界で繰り広げられるスポーツをベッティングなしで視聴可能! 安定したライブストリーミングに定評のあるブックメーカーとして、イギリスの Bet365が有名です。Bet365にアカウントを作成してベッティング運用資金を入金すれば、ベッティングしなくてもライブストリーミングを視聴できるのです!サッカーを始め、多くの国際的人気スポーツ(テニス、野球、バスケットボール、アイスホッケーなど)を無料で放送しています。スポーツ好きにとって、このチャンスを見逃す理由はありません。 ライブストリーミングでベッティングする利点 ではライブストリーミングを利用したベッティングはどうでしょう。サッカーの試合は前半戦と後半戦に分かれていますが、ライブベッティングではこの制度がプラスに働きます。ライブベッティングではその対象試合中いつでもベッティングができるので、観戦した前半戦の内容により後半戦のみベッティングまたは試合結果にベッティングすることが可能になります。まさにライブで結果を見ながら予測を立てていくことができるのです。 オッズと確実性と臨場感 試合が進めば、当然ながらオッズにも変化が出てきます。オッズの上がり下がりに注目して、大金を狙うか安全に勝つかはあなた次第です。ライブストリーミングでは大穴が出にくいのが弱点ですが、初心者など安定して勝ちたい・損したくないベッターには恰好のベッティングターゲットです。試合の流れを読みながら予測するライブストリーミングは、冷静と情熱の間を行ったり来たりするハラハラ・ドキドキ感を十分に味わえます。 ライブストリーミングを使ったベッティングは自由裁量 試合の途中にキャッシュアウトできるのも、ライブベッティングの魅力です。ベッティングの途中で終了することができるので、自分で管理できる容量が大きいとも言えます。スピードが命のライブベッティングですが、「勝ちどきが止めどき」と昔から言われているように、自分の引き際を自分で決められる点は安心ですね。ギャンブルには依存性がつきものということを忘れないように、楽しくライブストリーミングでのベッティングをお楽しみください。

Read More

サッカーベッティングで勝つために知っておきたい戦略

ベッティングにはベットする分野の専門知識が必要だと思いますか?サッカーベッティングで成功するには、実はサッカーの専門知識はそれほど重要ではありません。もちろん、サッカーの基本ルールや強豪チーム、活躍プレイヤーの情報は知っておいて損はありませんが、注目すべきポイントは過去データとベッティング知識です。   種類豊富なベッティング対象 その他のスポーツと同じように、サッカーベッティングでは様々な要素でベッティングすることができます。その種類は多岐に渡り、勝敗以外にもゴール数やコーナーキック数、ペナルティ数、そして特定プレイヤーのゴール数やフリーキック数など、細部までベッティング可能です。なかでも、ドロー(引き分け)にもベッティングできることがサッカーベッティングの最大の魅力です。 ブックメーカーが提供するオッズとベッターの勝ち率 オッズとはベッティング倍率を意味しますが、このオッズが高ければ高いほど競争率が上がり、賞金額も上がります。しかし高倍率のオッズではブックメーカーが提供するデータも多くなり、一般的には当てるのが難しくなると言われています。   まずはデータ分析をしっかり行いましょう! また、ブックメーカーが意図的にオッズを上げるために特定のキャンペーンやクーポン、選定ベッティングを実施する場合がありますが、自身で分析した勝敗データに基づいてベッティングする価値があるかどうか判断してから参加しましょう。分析なしのベッティング参加は、不意にオッズを上げて負け倍率に貢献するだけになります。   運気もスキルのうち?! ブックメーカーが割り出したオッズと、自分のデータリサーチから計算した確率との間に生じる差をエッジと呼びます。このエッジにベッティングすることで、ブックメーカーに勝つことができます。忘れてはならないのは、サッカーはランダム性に影響されるスポーツであることです。データ分析と運に左右されることを肝に銘じましょう。 「あなた」というベッターチームの司令塔となるために どんなに腕のあるベッターでも、勝ち続けることは非常に困難です。負けることもベッティングの一部なので、長くベッターとして活躍したいと思ったら、強い忍耐力と向上心、洞察力と冷静に瞬時に判断できる安定したマインドが必要不可欠です。経験を積むことも大事ですが、多角的に自分のスキルを磨いていく自己プロディース力が求められます。まさにフィールドでプレーする選手たちと同じですね。   自分のベッティングに責任を持とう サッカーベッティングはあくまで娯楽の一つですが、オンラインでだれでも簡単に株市場や仮想通貨に参入できるようになった現在、「投資」感覚でベッティングを始める方も多いと思います。巷では「ブックメーカー投資」や「カリスマベッター」という概念も登場していますが、ベッティングでブックメーカーや特定人物の予想に「投資」する行為は、ベッターとして自分の立場を放棄しているのと同様です。ブックメーカーはベッティングを提供するプラットフォームであり、カリスマベッターも一人の人間に過ぎません。あなたのベッティングマネーはあなたが責任を持って管理・運営することで、ベッティングの経験値が上がり、スキルや着目点・予想する能力も飛躍します。ベッティングのコントローラーとなるかターゲットとなるかは、あなた次第です!  


定番のサッカーのフォーメーション

サッカーにポジションがあるのは知っているけど、フォーメーションについてはよくわからない、という人は多いのではないでしょうか?サッカーで試合を制すにはこのフォーメーションが非常に大事で、うまく戦略を立てておくと実力が格上の相手でも勝利をつかむことができます。 そこでここでは現在よく使用されている基本的なフォーメーションを紹介していきます。 4-4-2 フラット型 4-4-2の中盤の選手を横一並びにするシンプルなフォーメーションです。攻めと守りは5:5であり、万能型のフォーメーションと言われています。 主に両サイドに置かれた選手が攻撃の要となります。一方でセンターに置かれた選手は攻めと守りの両方に対応しなければいけないため、スタミナが求められます。 4-4-2 ダイヤモンド型 中盤に置かれた4選手をダイヤモンド型に配置することからこの名称で呼ばれています。フラットタイプトは異なりピッチの中央に選手が集まるため、中盤からの攻撃を中心とします。 どちらかというと攻撃型のフォーメーションであるため、相手のセンターアタックに対しての脆弱さがデメリットとしてあげられます。 4-5-1 ダブルボランチ型 世界的に採用しているチームが多い人気のフォーメーションです。中央に選手が集められていることから、サイド、中央問わずどこからでも攻撃を仕掛けやすいのが特徴です。 しかし、4-5-1のフォーメーションはフォワードが1人しかいないため、中盤選手が積極的にゴールにアプローチする必要があります。 3-4-3 ダイヤモンド型 サッカーのフォーメーションの中でも最も基本的なものの1つ。ピッチ全体に均等に選手が置かれ、サイド、センターの両方から攻撃ができるためバランスの良さが特徴です。 しかし、相手選手をマークしにくくディフェンスが弱いというデメリットがあるため、最近では使用するチームが減少傾向にあります。 4-3-3 フラット型 4-3-3の基本フォーメーションで、センターの選手が攻めと守りの両方を担います。そのため、攻撃の中心はサイドからとなり、そこがどれだけ攻められるかが得点にかかっています。 全体的に攻めを中心としたフォーメーションであるため、フォワード3人の攻防のスイッチの切り替えが非常に重要です。 以上が数あるフォーメーションの中でも基本的なものです。フォーメーション1つで攻めと守りの割合が決定し、試合の流れが大きく異なります。 試合を見る時にフォーメーションを意識してみると、選手の動き方などがより理解できるようになるでしょう。  


意外と知らないFIFAワールドカップの成り立ちと賞金制度

現在もっとも人気のある世界的スポーツイベントと言っても過言ではない、FIFAワールドカップ。オリンピック同様、4年に一度開催地を変えて開催されます。開催年は冬季オリンピックと同年であることも興味深いですよね。2012年には日本と韓国が共同開催したことで、日本におけるワールドカップの認知度も全国民レベルにまで高まりました。   国別対抗トーナメントでサッカー世界王者を決める FIFAワールドカップは有名スター選手が出身国ごとに分かれて、世界一のサッカー王国をトーナメント形式で決めます。本選に参加できる国は32か国。予選は開催年の1~2年前より各地域ごとに実施されます。サッカー人気が世界中で広まるにつれて、1998年に以前までの24か国から32か国へと出場国の枠が拡大されました。 90年近くの歴史があるワールドカップ ワールドカップの歴史は、開催団体であるFIFA (国際サッカー連盟)が設立された1904年まで遡ります。1930年にウルグアイで第一回FIFAワールドカップが実施され、開催国であるウルグアイが優勝しました。当時の出場国は13か国。2位はアルゼンチン、3位がアメリカ合衆国と、南米勢力の強さを感じさせます。   試行錯誤を経て公平な投票方式に 開催国の選定は、FIFA総会での投票で決まります。過去には24名程度で構成されたFIFA理事会での投票で決定していた時期もありましたが、公平性を保つために、近年FIFA総会での開催立候補国を除く全加盟協会による投票方式に変更されました。過去には買収工作や過度の誘致活動など、大きな問題もありました。   スイスフランで支払われていたワールドカップの賞金 ワールドカップに賞金があることをご存知でしたか?賞金は優勝国、準優勝国、そして3位国のみならず、4位国、ベスト8およびベスト16にも贈呈されます。賞金額はFIFA本部がスイスのチューリッヒにある関係上スイスフランで支払われていましたが、2010年南アフリカ大会よりドル建てに変更されました。 あまり知られていない賞金内訳と種類 2018年ロシア大会での優勝賞金は3800万ドル、準優勝のチームには2800万ドル、3位国には2400万ドル、17~32位のグループリーグ敗退国にも出場給として800万ドルが贈呈されています。そして大会出場全32か国に、大会準備金として150万ドルが渡されています。


サッカーの基本ルールについて

サッカー初心者であると、手を使っていいのはゴールキーパーのみ、くらいの本当に基本的なことしか知らない人も多いのではないでしょうか?しかし、ルールがわからないと何が起こっているのかが把握できず、試合の面白さが半減してしまいます。 そこでここでは初心者が知るべきサッカーの基本ルールを紹介していきます。 1.試合の時間と得点方法 サッカーの試合は前半45分、後半45分のあわせて90分で構成されています。 そして、この90分が終了した後に選手交代やファウルで実際にプレイが行われていなかった時間が追加されます。この時間はアディショナルタイムと呼ばれ、大体10分以内が追加されます。 得点方法は相手のゴールにボールを入れるという至ってシンプルなもの。この際、ゴールのラインを超えていれば得点が入るので、必ずしもネットまでボールが到達しなければいけないということはありません。 2.ポジション 基本的なポジションは以下の通りです。 ゴールキーパー GK 試合の中で唯一手を使うことが認められいてるゴールを守る選手を指します。 ディフェンダー DF 自分たちのゴール周辺に待機し、主に守備を中心に行います。ゴールキーパーのサポート的役割を担っており、手を使わずに相手のゴールを防ぎます。 フォワード FW 主に相手のゴール周辺に待機し、得点を取りに行きます。得点できるかはフォワードにかかっているので、試合などで最も注目されるポジションです。 ミットフィルダー MF その名の通り、ディフェンダーとフォワードの間、つまりピッチの中央辺りで待機し、守備と攻撃の両方を行います。状況に応じて攻めと守りを素早く切り替えなければいけないので、幅広い対応力が求められます。 3.ファウルの種類 基本的なファウルには以下のようなものがあります。 ・ゴールキーパーが6秒以上ボールをコントロールする ・ゴールキーパーが味方からパスされたボールに手で触れる ・ゴールキーパーが味方がスローインしたボールに手で触れる ・ボールとは関係のない位置で相手に意図的に接触しプレーを妨害する   ・相手に対して、キック、パンチ、とびかかる、服をつかむなどの暴力的な行為を行う 上記が基本的なファウルですが、細かいものはまだまだたくさんあります。特に相手のプレーを妨げるような暴力行為には細かなルールが設けられており、あまりに悪質な場合は相手にフリーキックのチャンスを与えたり、イエローカードを出されたりすることになります。 4.フリーキック 先に登場したフリーキックですが、これは相手からファウルを受けた際にキックで試合を再開することを指します。(通常はスローインといって手でボールを投げることから試合を再開します。) このフリーキックはファウルが発生した場所から再開しますが、ペナルティエリアと呼ばれるゴール周辺のエリアでファウルがあった場合は、所定の位置からペナルティキックを行うことができます。 以上がサッカーを観戦する際に最低限知っておきたいルールです。この程度を押さえておくと試合中に何が起こっているのかがなんとなく理解できるようになります。 しかしサッカーはまだまだ奥が深く、細かなルールがあります。そのあたりは試合を見つつ徐々に覚えていくようにするといいでしょう。